スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

  • 103人登録
  • 3.81評価
    • (8)
    • (21)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
監督 : ジョン・ワッツ 
出演 : トム・ホランド  マイケル・キートン  ジョン・ファヴロー  ゼンデイヤ  マリサ・トメイ 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462115539

スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1時間30分から物語のエンジンがかかるスロースターター

    ラスト30分を楽しむために必要なのはわかるが、スパイディがただの使えないお節介野郎なだけのシーンが長すぎる

    ヒロインが可愛くなく、一歩間違えばメイおばさんに恋してしまいそうなレベル。そしてそのヒロインも扱いが酷く、アベンジャーズには関係ないので不遇のまま。ああそうですかヒーロー以外はいりませんか。

    1つの作品としてのスパイダーマンはもう過去にあるのだからアベンジャーズの中の新しいスパイダーマンを描くのは理にかなっている。ただそのファン層以外はやはり今回もターゲットではないようだ。嫌なら見るなはもっともだが、マーベル作品ならびにアベンジャーズファン以外も取り込むようなレベルの作品がこのシリーズに出てくることを期待する

  • 今までのスパイダーマンシリーズは全然見たことがないのでスパイダーマンは初見。
    どうやってスパイダーマンになったかはあんまり掘り下げず(会話の中で軽く「蜘蛛に噛まれたけどその蜘蛛は死んじゃった」とは言っている)
    今回のシリーズでは15歳と若く、アイアンマンが監督するスパイダーマン。
    戦闘中もやたら喋って軽くて、悪者も殺さない。
    最近のマーベル関連のヒーローは宇宙人と戦ったり仲間内で揉めたりと重いことばっかりだったので楽しく気軽に見れてちょうど良い。
    スターク社長の開発したスーツもカッコイイけど、キチンと自力で解決するのもエライ。普通死ぬ。
    デッドプールといい相棒になりそうなノリで今後も楽しみ。暗い話にならなければ良いな〜

  • トム・ホランドの瑞々しさで500億点は稼ぎ出せる。すっかり父性を身に付けてしまった社長で加点が捗る。新しいけれど王道を踏襲していて安定の楽しさでした。マーベル入門編はアイアンマン一択だと思っていたけれど、本数が増えてしまった今ここから初めても良いかもしれないです

  • 面白い

  • 中小企業から仕事を奪った感が残り完璧な悪と見れなかった。正義を選び恋人を見捨てるところも気に入らない。

  • 新シリーズになって、
    過去最弱のスパイダーマン。
    ただし、気絶はしても、傷つかない。
    血も流さない。防御力は最強。。。

    アベンチャーズシリーズに組み込まれたので、
    パワーバランスが崩れたのか、
    ヒーローらしくない。

    それでも、
    アベンチャーズを観ている人は、楽しめる。

    誰でも楽しめるヒーローモノなのに、
    どんどんオタク化し、
    初心者は楽しめるのか?

  • スパイダーマンは大好きなシリーズ スパイダーマンは
    いつも若さ溢れるお茶目な感じがシリアスなヒーロー像と相まって娯楽映画としても 最高!
    今回はジョン.ワッツ監督作品
    3代目スパイダーマン ピーター.パーカー扮する主演は
    トム.ホーランド とても適役だと思う 小さいながら頑張り屋が とても似合って好感持てる 新しいスパイダーマンに適してる ヒーローものって何を題材に闘うのか 結構難しいけど、スパイダーマンって本当に身近に感じて応援して観てしまうヒーロー感が とてもいい 「弱い者に付ける資格はない」とアイアンマンに言われ俄然頑張るスパイダーマンが とても良かったです 今後のアベンジャーズでの活躍も期待出来ますね。

  • 原題:SPIDER-MAN:HOMECOMING (2017年)
    収録時間:133分

    まぁまぁ面白かったんだけど、ちょっと長く感じた。
    宣伝だと凄く面白そうで楽しみにしてたんだけど、期待値が高過ぎたせいか、やっぱり私は元祖スパイダーマンが好きかなぁ。

    “ジョン・ワッツ監督がマーベルの人気ヒーローをトム・ホランド主演で新たに描いたアクション。ピーターの憧れであるアベンジャーズに所属するアイアンマン、トニー・スターク。彼に恨みを抱くバルチャーが、巨大な翼を装着してN.Y.を恐怖に陥れる。”

  • う~ん苦手だなぁ・・・。さすがに今回のスパイダーマンは軽すぎる。少しのシリアスさはあってもいいような気がする。アヴェンジャーズへの参加は嬉しいけど、やっぱり「アメイジング・スパイダーマン」はちゃんとケリをつけてもらいたかった。

  • おみくじで言うと「小吉」くらいの感じ。

    このシリーズはスパイダーマンの糸を操っての飛翔感が心地よいので、大画面で見るのがよく、毎回映画館で見ている。ところが今回その爽快感があまり残らない。事件の現場がやたら遠くて、走ってたり、無免許運転したり、糸での移動も駆け出しの頃の失敗ばかりが多い。

    アクションシーンは迫力はあるが、糸を操るだけのスパイダーマンには不釣り合いの感がある。最大の見せ場はどうもピンとこなかった。

    また、スパイダーマンは青春映画+ヒーローがフォーマットだがその青春映画パートがあまりにベタで軽い。今でもアメリカの学園ってこんな感じなんだろうか。
    少しはヒーロー見習い期間を脱した次回に期待しましょう。

    それにしてもアベンジャーズありきの物語の展開。マーベル攻勢強しです。

全20件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする