Justice: What's the Right Thing to Do? [Kindle(US)]

  • 2人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • Farrar, Straus and Giroux (2009年9月15日発売)
  • Amazon.com ・電子書籍 (324ページ)

Justice: What's the Right Thing to Do?の感想・レビュー・書評

  •  Justice, 正義をテーマに実例を交えながら,正義,権利,自由とはどのような考えであり,相互関係があり,我々の日常の出来事に対する姿勢につながっているかということがテーマになっています。有名な本なので,あれこれ書かなくてもいいかなとは思いますが。

     いろんな考え方があるということを知っていることは大切だと思います。それをどのように使うのか,日常の出来事に対してどのような姿勢で臨むのか。この本を読むことで個人的な姿勢を変えようとは思いませんが,その背景について考えることは無駄なことではなかったなと思って読んでいました。

全1件中 1 - 1件を表示

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「積読」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?はこんな電子書籍です

Justice: What's the Right Thing to Do?のAudible Audio Edition

Justice: What's the Right Thing to Do?のAudio CD

Justice: What's the Right Thing to Do?のPaperback

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ヒナまつり 1 (ビームコミックス)

大武 政夫

ほのぼの日常系ギャグ漫画です

若手のヤクザの部屋に突如あらわれた主人公で常識知らずの超能力少女ヒナ。ヒナは街を破壊するほどの力を持つ超能力少女である。そんな二人と、ヒナを抹殺するためにやってきたライバルなどが登場する本作ですが、特に超能力を持った物同士のバトルマンガとかではなく、ほのぼの日常系ギャグ漫画です。
超能力を使ってあっちむいてホイや、学校の勉強でカンニングのために力を使った、たまにビルを破壊したりはしていまいますが、とてもほのぼのした展開となっています。
本作の見所ですが、主人公のヒナやヤクザの新田を取り巻くサブキャラクターです。特にヒナの同級生の三嶋は中学生ながら、なぜかバーテンをやっていたり高級マンションに一人で住むことになったり、そんな非日常な感じがジワジワくる作品となっています。
楽しく笑いたいギャグ漫画を読みたい~という方にはオススメの一冊です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする