Justice: What's the Right Thing to Do? [Kindle(US)]

  • 2人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • Farrar, Straus and Giroux (2009年09月15日発売)
  • Amazon.com ・電子書籍 (324ページ)

Justice: What's the Right Thing to Do?の感想・レビュー・書評

  •  Justice, 正義をテーマに実例を交えながら,正義,権利,自由とはどのような考えであり,相互関係があり,我々の日常の出来事に対する姿勢につながっているかということがテーマになっています。有名な本なので,あれこれ書かなくてもいいかなとは思いますが。

     いろんな考え方があるということを知っていることは大切だと思います。それをどのように使うのか,日常の出来事に対してどのような姿勢で臨むのか。この本を読むことで個人的な姿勢を変えようとは思いませんが,その背景について考えることは無駄なことではなかったなと思って読んでいました。

全1件中 1 - 1件を表示

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「積読」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?はこんな電子書籍です

Justice: What's the Right Thing to Do?のPaperback

Justice: What's the Right Thing to Do?のAudible Audio Edition

Justice: What's the Right Thing to Do?のUnknown Binding

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

吉田尚記

コミュニケーションが苦手な人への処方箋

ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんが、コミュニケーションが苦手な人に向けて、テクニックや考え方をつづった本です。自身も、「コミュ障」という吉田さんですが、コミュニケーションをゲーム捉え、どうルールや制約の中で動いたり、また相手に気持ち良くなってもらうかを惜しむことなく語っています。
そして吉田さん自身も「コミュ障」だった経験から、コミュニケーションが苦手な人にとても寄り添った内容となっています。

本の詳細&レビューを読む»