Justice: What's the Right Thing to Do? [Kindle(US)]

  • 2人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • Farrar, Straus and Giroux (2009年09月15日発売)
  • Amazon.com ・電子書籍 (324ページ)

Justice: What's the Right Thing to Do?の感想・レビュー・書評

  •  Justice, 正義をテーマに実例を交えながら,正義,権利,自由とはどのような考えであり,相互関係があり,我々の日常の出来事に対する姿勢につながっているかということがテーマになっています。有名な本なので,あれこれ書かなくてもいいかなとは思いますが。

     いろんな考え方があるということを知っていることは大切だと思います。それをどのように使うのか,日常の出来事に対してどのような姿勢で臨むのか。この本を読むことで個人的な姿勢を変えようとは思いませんが,その背景について考えることは無駄なことではなかったなと思って読んでいました。

全1件中 1 - 1件を表示

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「積読」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?はこんな電子書籍です

Justice: What's the Right Thing to Do?のPaperback

Justice: What's the Right Thing to Do?のAudible Audio Edition

Justice: What's the Right Thing to Do?のUnknown Binding

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)

永尾 まる

読了後、無性に猫を抱きしめたくなりました。

猫から人への溢れんばかりの情、そして表情の豊かさがとても魅力的です。
ハッピーエンドなエピソードばかりではありませんが、いつも主のそばにいて一挙手一投足を全身で感じ、体を張って守ったり、尻込みする背中を押してあげたりと、その健気さに癒され、一途さに油断するとホロリと泣かされます。
また、主人公である猫絵師・十兵衛と猫又・ニタのふたりが差し伸べる、静かで力強い言動にも心打たれます。
動物を飼っている身としては、うちの子もこんな風に思ってくれてることがあるのかな、とくすぐったい気持ちでいっぱいになりました。
心温まる人情と猫情の物語、ひとつひとつじっくり読んでみてほしい一冊です。

本の詳細&レビューを読む»