Justice: What's the Right Thing to Do? [Kindle(US)]

  • 2人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • Farrar, Straus and Giroux (2009年09月15日発売)
  • Amazon.com ・電子書籍 (324ページ)

Justice: What's the Right Thing to Do?の感想・レビュー・書評

  •  Justice, 正義をテーマに実例を交えながら,正義,権利,自由とはどのような考えであり,相互関係があり,我々の日常の出来事に対する姿勢につながっているかということがテーマになっています。有名な本なので,あれこれ書かなくてもいいかなとは思いますが。

     いろんな考え方があるということを知っていることは大切だと思います。それをどのように使うのか,日常の出来事に対してどのような姿勢で臨むのか。この本を読むことで個人的な姿勢を変えようとは思いませんが,その背景について考えることは無駄なことではなかったなと思って読んでいました。

全1件中 1 - 1件を表示

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「積読」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?はこんな電子書籍です

Justice: What's the Right Thing to Do?のPaperback

Justice: What's the Right Thing to Do?のAudible Audio Edition

Justice: What's the Right Thing to Do?のUnknown Binding

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ボクの妻と結婚してください。 (講談社文庫)

樋口 卓治

放送作家、最後の企画

バラエティ番組の放送作家の主人公・修治は余命宣告を受け、自身が亡くなっても残された妻たちが笑って暮らせるように、隠れて婚活をする物語です。
余命を宣告され、悲壮感も少しありながらも残される妻、子供のことを考えながら妻との結婚相手をさがす姿がとても滑稽さもありながら、自身の結婚生活を語るシーンに幸せな結婚生活とは何かと考えさせられます。
著者の樋口卓治さんも、主人公と同じくバラエティ番組の放送作家を手がける方で、先日NHKで放送されたドラマ版では主人公が内村光良さんということで、この『ボクの妻と結婚してください。』を読んでると、どこかバラエティ番組的に見えて、泣きながら笑えてくる。そんな作品となっています。
本作で、自分の結婚生活そして、やってくる”終活”について考えさせられるそんな一冊です。

本の詳細&レビューを読む»