Justice: What's the Right Thing to Do? [Kindle(US)]

  • 2人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • Farrar, Straus and Giroux (2009年9月15日発売)
  • Amazon.com ・電子書籍 (324ページ)

Justice: What's the Right Thing to Do?の感想・レビュー・書評

  •  Justice, 正義をテーマに実例を交えながら,正義,権利,自由とはどのような考えであり,相互関係があり,我々の日常の出来事に対する姿勢につながっているかということがテーマになっています。有名な本なので,あれこれ書かなくてもいいかなとは思いますが。

     いろんな考え方があるということを知っていることは大切だと思います。それをどのように使うのか,日常の出来事に対してどのような姿勢で臨むのか。この本を読むことで個人的な姿勢を変えようとは思いませんが,その背景について考えることは無駄なことではなかったなと思って読んでいました。

全1件中 1 - 1件を表示

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「積読」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?はこんな電子書籍です

Justice: What's the Right Thing to Do?のAudible Audio Edition

Justice: What's the Right Thing to Do?のAudio CD

Justice: What's the Right Thing to Do?のPaperback

僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)

三部 けい

いよいよ完結 連続誘拐殺人犯との対決は!?

人気サスペンス漫画『僕だけがいない街』がいよいよ完結しました。
売れない28歳の漫画家 藤沼悟の持つ再上映(リバイバル)という特殊能力をもって小学生時代に起きた連続誘拐殺人事件を解決するために奔走するというストーリーで、その後巻を重ねる毎に衝撃の展開に進んでいく本作ですが、いよいよ完結となりました。
何を書いてもネタバレになってしまう展開になっていますが、ただ一つ言えることは読んで良かったとラストです。改めて、1巻から読み直した時にこの『僕だけがいない街』が、主人公 悟の成長物語であるとはっきりとわかってきます。そして、改めてその連続誘拐殺人犯の恐ろしさも改めてわかってきます。
そして、最後に再上映(リバイバル)とは何だったのか、それを読者のみなさんは考えることになると思います。
完結してしまいましたが、三部けい先生の次回作に期待したいと思います。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする