Justice: What's the Right Thing to Do? [Kindle(US)]

  • 2人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • Farrar, Straus and Giroux (2009年09月15日発売)
  • Amazon.com ・電子書籍 (324ページ)

Justice: What's the Right Thing to Do?の感想・レビュー・書評

  •  Justice, 正義をテーマに実例を交えながら,正義,権利,自由とはどのような考えであり,相互関係があり,我々の日常の出来事に対する姿勢につながっているかということがテーマになっています。有名な本なので,あれこれ書かなくてもいいかなとは思いますが。

     いろんな考え方があるということを知っていることは大切だと思います。それをどのように使うのか,日常の出来事に対してどのような姿勢で臨むのか。この本を読むことで個人的な姿勢を変えようとは思いませんが,その背景について考えることは無駄なことではなかったなと思って読んでいました。

全1件中 1 - 1件を表示

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?を本棚に「積読」で登録しているひと

Justice: What's the Right Thing to Do?はこんな電子書籍です

Justice: What's the Right Thing to Do?のPaperback

Justice: What's the Right Thing to Do?のAudible Audio Edition

Justice: What's the Right Thing to Do?のUnknown Binding

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

北川恵海

サザエさんシンドロームって知ってますか?

日曜日のサザエさんのエンディングを聞くと、月曜が憂鬱になる現象、それが「サザエさんシンドローム」です。
そんな、シンドロームにかかった主人子の青山。色々あって、駅のホームで偶然小学校時代の同級生ヤマモトと名乗る男と遭遇する。
そのヤマモトとの出合いによって変わっていく青山、そしてヤマモトの正体を知って驚き、そして最後に自分で考え青山は行動します。
帯にある『働く人ならみんな共感! スカっとできて最後は泣ける』という言葉のとおり、最後は本当に泣けます。
いま、働くことに悩んでいるすべての人に読んでもらいたい、そんな一冊です。

本の詳細&レビューを読む»