化石の村 [パブー]

  • 1人登録
  • ¥ 430
  • パブー (2010年12月18日発売)
  • パブー ・電子書籍

化石の村を本棚に登録しているひと

化石の村の内容

 京都で大学図書館司書をしている小泉佐保(こいずみさほ)(25歳)に恩師の谷崎教授から別荘開設祝いの招待がきた。そこは奈良県北部の山間で、出入(ではい)りが長いトンネルだけの孤絶した鬼添里(きさな)村だった。

 佐保はそのトンネルで異様な「物」に襲われ「くるな」のメッセージを受け傷を負った。その直後に近くの神降寺(じんこうじ)でハイカーが惨殺され、別荘に着くと村の遊刺木(ゆさき)青年が「一ヶ月前にも村の老女が井戸に逆さ吊りになっていた」と話し、別荘開きの祝宴は騒然となった。

 日頃は事件一つ無い村なのに、二十年に一度の宵宮が近づくと、凄絶な連続殺人事件が起こる謎の鬼添里で、探偵司書・小泉佐保の冒険が、始まった。

ツイートする