電書版・そんなんじゃクチコミしないよ。 [パブー]

  • 20人登録
  • 3.86評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 河野武
  • 無料
  • パブー (2011年8月24日発売)
  • パブー ・電子書籍

電書版・そんなんじゃクチコミしないよ。の感想・レビュー・書評

  • 同感でした。
    なんでもネット、ネット、ネット。クラウドとか魔法のように騒がれているけど、本質は変わっていない気がします。

  • ネットのクチコミについて抱きがちな幻想を痛烈に批判した本。3年前に書かれたものだが、内容は全く古びておらず、2011年の現在でも「ソーシャルメディア」と言葉を変えてまさに同じような誤解が繰り返されている。

    ネットに限らず、クチコミはそもそも消費者側のものであって、企業がコントロールできるものではないし、本当に売上に貢献するようなクチコミを広げたいならば、お客様に感動を与えるような商品・サービスをめざして日々切磋琢磨を続けることが最も現実的だと個人的には思う。

    ネットマーケティングに携わる人にはぜひ一度読んで欲しいオススメの一冊。

  • ネットマーケティング(なかでもクチコミ)活動への過剰な期待に警鐘を鳴らす一冊。3年前の本だが、「ブログ」と書いている部分を「ソーシャルメディア」と置き換えれば現在でも通用する。

    日経なんちゃら等のビジネス誌を読んで、ネットでのマーケティング活動に過剰な期待をし、「今はTwitterだ!」や「ウチもFacebookやって売上伸ばそう!」などと言い出す経営・マネージメント層は多いが、まずこういう本に目を通し、ネットマーケティングに対する過大な夢を捨て、実像を把握してほしい。

  • なんとなく「うさんくさいな」と思っていた、
    ブログに記事を書いて換金のうさんくさい理由が解ってすっきり。

    情報の海の中で、必死に泳げるように少しでもなるための最初の一歩になる本ではないでしょうか。

  • 今や、気になる商品やサービスについて検索する場合、
    比較サイトは無論のこと、レビューや個人のブログの感想を
    全く無視することはできないのではないだろうか?

    しかし、ネット上のクチコミによるマーケティングは、
    PayPerPostに見られるように、企業から報酬を得た
    ブロガーが好意的な記事を書くという「情報操作」が
    往々にして行われる問題がある、ということだ。

    これは、私の意見であるが、記事の背後に、スポンサーが
    いることを知ればシラける気持ちは多少あるものの、
    それが実際に役に立つ記事であれば
    ユーザーは気にしないのではないか?
    あるいは自分も記事を書いて報酬を得てみたいと思うかもしれない。
    でもその場合、嘘の記事はやっぱり書けないと思う。
    もはやネットユーザーは、良い意味でスレているというのか、
    「実(じつ)を取る」したたかさを身につけているのではないかと思う。
    あとは、企業側の良識と、ブロガーの「(嘘の記事を書かないなど)
    へつらわない勇気」にかかっているというところであろうか。

    本としては、言葉遣いも読みやすく、用語の解説も丁寧で、
    わかりやすかった。ただ、インターネットに詳しくない一読者としては、
    ネットの用語や世界観がピンとこないところも随所に見られた。
    唯一、「わかる!」と反応した箇所が、著者のご実家のご両親のエピソードと、
    結婚式に関するマーケティングのくだりであったのが、
    私の「非」デジタル・ネイティブぶりを物語っている。

全5件中 1 - 5件を表示

電書版・そんなんじゃクチコミしないよ。に関連するまとめ

電書版・そんなんじゃクチコミしないよ。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

電書版・そんなんじゃクチコミしないよ。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

電書版・そんなんじゃクチコミしないよ。を本棚に「積読」で登録しているひと

電書版・そんなんじゃクチコミしないよ。の内容

2008年に技術評論社から出版された『そんなんじゃクチコミしないよ。』の電書版です。少しだけですが加筆修正もしています。いま読み返しても楽しめる本ですので、ぜひ読んでみてください!

[20110924追記]P.196-197に乱丁がありましたので修正しました。お手数ですが再ダウンロードをお願いいたします。

電書版・そんなんじゃクチコミしないよ。はこんな電子書籍です

ツイートする