『鐸の音流るる丘に』 第二章 [パブー]

  • パブー (2012年10月11日発売)
  • パブー ・電子書籍

たくきよしみつの作品

『鐸の音流るる丘に』 第二章の内容

たくき よしみつ が1988年、33歳のときに書いていた異色ファンタジー作品(約100枚)の後編。
縄文時代末期の日本列島が舞台。銅鐸をめぐる謎が解き明かされる。
原発人災で弱り行く現在の日本を予感させるような警句が散りばめられた、興味深い作品。
四半世紀、天井裏に眠っていた未発表原稿をスキャン~OCRでテキスト化させて復活。
これは後編です。無料版の前編(第一章)からお読みください。

ツイートする