ブクログ まとめ
  • まとめを作成

素敵な刑事さんが出てくる本

(^▽^)さんのまとめ

(^▽^)さんのまとめ

ジャンル : / 小説・文芸

作成日 : 2013年2月10日

更新日 : 2013年2月11日

  • 私の好きな警察小説をまとめてみました。
    有名な作品ばかりですね。
    これからも面白い警察小説を探します。

  • 色々な刑事さんがいて面白いです

  • (^▽^)さんのまとめ

    合田雄一郎が初登場します。
    白のズックが印象的です。因みに文庫ではスニーカーになっています。高村薫先生の著作は、単行本と文庫で色々変わっています。違いを探すのが楽しみの一つです。
    合田雄一郎は作品を経る毎に悩み、刑事であることに疲れていきますが、その姿はとても魅力的です。
    『マークスの山』→『照柿』→『レディー・ジョーカー』→(『新リア王』)→『太陽を曳く馬』→『冷血』となります。
    『新リア王』では一行程度の登場ですが、『太陽を曳く馬』を読み解く上で、絶対に読んだ方がいいです。

  • (^▽^)さんのまとめ

    三上義信が登場します。刑事部から警務部に異動してきました。
    マスコミへの対応などを担当しており、普通の警察小説に出てくる刑事さんと異なっていて面白いです。
    そして二渡真治が暗躍しています。
    二渡真治はD県警シリーズに登場し、『陰の季節』では主人公の一人として初登場します。
    その他に『顔―FACE―』があります。
    D県警ではありませんが、『動機』に名前だけ登場します。

  • (^▽^)さんのまとめ

    田畑課長のもと、主人公が三人据えられています。
    F県警捜査一課、一班・朽木、二班・楠見、三班・村瀬という性格の全然違う刑事さんが活躍します。
    短編集で読み易いです。表題作「第三の時効」の楠見が特に格好良かったです。
    横山秀夫先生は短編が上手く、他の作品も大好きです。

  • (^▽^)さんのまとめ

    親子三代に渡り、警察官としての人生が描かれています。
    戦後間もない昭和を安城清二、学生運動が激化する時代を安城民雄、現代を安城和也と物語は紡がれます。
    続編に『警官の条件』があります。

  • (^▽^)さんのまとめ

    佐伯宏一が初登場します。
    佐々木譲先生は内偵の過酷さをよく描かれており、『笑う警官』でも佐伯宏一と津久井卓という二人を通して、その心情を描いています。
    このあと、『警察庁から来た男』→『警官の紋章』→『巡査の休日』→『密売人』→『人質』となります。

  • (^▽^)さんのまとめ

    巡査部長の武本正純と警部補の潮崎哲夫が初登場します。
    凸凹コンビで、仲の良い二人です。登場人物のキャラクターが面白く、明るい作品です。
    潮崎は警察小説が好きで、作中に挙げている作品に、読んだことある!と、なりました。
    このあと、『そして、警官は奔る』→『やがて、警官は微睡る』となります。

  • (^▽^)さんのまとめ

    竜崎伸也が初登場します。
    警察庁のキャリア官僚であり、結構嫌なやつですが、読み進めていくうちに魅力に気づきます。
    幼馴染みの伊丹俊太郎を嫌っていますが、次第にいいコンビのようになっていきます。
    このあと、『果断 隠蔽捜査2』→『疑心 隠蔽捜査3』→『初陣 隠蔽捜査3.5』→『転迷 隠蔽捜査4』となります。
    『初陣 隠蔽捜査3.5』は伊丹俊太郎が主人公になります。颯爽としている彼ですが、ちょっと頼りなさげです。

  • (^▽^)さんのまとめ

    『龍機兵』と呼ばれる新型機を導入した警視庁特捜部が登場します。
    警察小説とSFが融合した、エンターテイメント作品です。派手な事件が多いです。
    元外務省の沖津旬一郎が作り上げた特捜部に、三人の搭乗要員、技術主任、キャリア、ノンキャリアと、魅力的な登場人物が出てきます。
    このあと、『機龍警察 自爆条項』→『機龍警察 暗黒市場』となります。

  • (^▽^)さんのまとめ

    麻生龍太郎と山内練が出てきます。
    冤罪によって人生が狂ってしまった人間と、狂わせた人間が哀しく、救いの少ない物語です。
    RIKOシリーズの派生作品です。

  • (^▽^)さんのまとめ

    加賀恭一郎が初登場します。
    この時は大学生でした。一作目から冷静沈着で推理は鋭いです。格好いいです。
    個人的に『嘘をもうひとつだけ』などの短編が好きです。物悲しい終わり方が余韻を残しています。
    『卒業』→『眠りの森』→『どちらかが彼女を殺した』→『悪意』→『私が彼を殺した』→『嘘をもうひとつだけ』→『赤い指』→『新参者』→『麒麟の翼』となります。

あなたの「素敵な刑事さんが出てくる本」 まとめをつくろう!

ツイートする