ブクログ まとめ
  • まとめを作成

大分辛口にあさのあつこ作品を批評する(ネタバレ注意)

橘 薄荷さんのまとめ

橘 薄荷さんのまとめ

ジャンル : / 小説・文芸

作成日 : 2013年3月6日

更新日 : 2013年3月6日

  • ※注意※
    大分ネタバレとBL批判がありますのでファンの方は見ない方が身のためです。
    ちなみになぜBL批判をしているかというと児童書においてこの作風は一般の楽しみを期待している人にふさわしくないと感じているためです。
    ご理解いただけた方のみどうぞ。

  • 橘 薄荷さんのまとめ

    第一作目は素晴らしいですが思えばこのときから作者の「BL的要素」はありました。
    児童書広しでも男子同士のキスシーンなんてそうそうありませんよ。
    しかも別の作品でもやってのけました。すごいですね。
    ヒロインは繭ちゃんという子もしくは小町先生ですがこの二人が見たい人は映画版を見ることを強くお勧めします。

  • 橘 薄荷さんのまとめ

    SFとしては超一流作品です。
    ヒロインがまた蔑ろです。ここまでの扱いってひどい。
    というか沙布よりもイヌカシのほうをヒロインにしたかったのかも。
    そうしたほうがまだまともだった気もしますが・・・・ネズミエンドって・・・。
    健全な小学生には読ませたくないです。
    何でも許せる人にお勧めです。

  • 橘 薄荷さんのまとめ

    これもだいぶきつかった。
    ちょっとうろ覚えなのですがこれも少年たちが事件の真相を追う話、です。
    ヒロインが不憫。大分不憫です。
    それでいてラストが残酷。未だに続きが気になる。
    ある意味、no.6に似ています。

  • 橘 薄荷さんのまとめ

    これはいろいろな意味で裏切られました。
    まず、恵菜の不憫さ。ヒロインなのに主人公にヒロイン役奪われるとかすごい屈辱。
    次に映画化するとか言ってたのにお蔵入り。
    さいごに、BLとしてもハッピーエンドにならなかった点。
    これが一番いただけなかった。
    あれだけのことしといて!?って感じです。
    そう言えばこの二人中学生だったなあ。

あなたの「大分辛口にあさのあつこ作品を批評する(ネタバレ注意)」 まとめをつくろう!

ツイートする