ブクログ まとめ
  • まとめを作成

温かい気持ちになれる本

明浄学院高等学校さんのまとめ

明浄学院高等学校さんのまとめ

ジャンル : / 小説・文芸

作成日 : 2013年4月17日

更新日 : 2013年4月17日

  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    家族っていいな。
    登場人物がやさしく、温かく、みんな好きになる。

    『幸福な食卓 (講談社文庫)』より引用

    • 引用ここから 「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」 引用ここまで ー 6ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    人生捨てたもんじゃない。
    あっさりしているようで、お互いに支えとなっている。
    そんな男女関係が良い。

    『キッチン (角川文庫)』より引用

    • 引用ここから 幸福とは、自分が実はひとりだということを、なるべく感じなくていい人生だ 引用ここまで ー 82ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    アンちゃんがとても可愛いくてほっとする。
    登場人物も和菓子も個性的でおもしろい。

    『和菓子のアン』より引用

    • 引用ここから おいしくて可愛いものに国境はないもの 引用ここまで ー 235ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    あたたかく満たされるお話が詰まった短編集。
    嬉しいものも、困ったものも。
    心に残る贈り物を大事にしたい。

    『Presents (双葉文庫)』より引用

    • 引用ここから 社会に出るということは、ううん、生きていくということは、ひょっとしたら、だれよりもときめかない男に恋をするようなことなのかもしれないね 引用ここまで ー 88ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    寂しいと感じた時にそっとそばにいてくれる。
    とても優しい物語。

    『青い鳥 (新潮文庫)』より引用

    • 引用ここから 「嘘は、悪いことじゃなくて、寂しいことなんですよ」 引用ここまで ー 406ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    医療系だけれど小難しくはない。
    読み終えたら、誰かにやさしくしたくなる。

    『神様のカルテ (小学館文庫)』より引用

    • 引用ここから 人は生きていると、前へ前へという気持ちばかり急いて、どんどん大切なものを置き去りにしていくものでしょう。本当に正しいことというのは、一番初めの場所にあるのかもしれませんね。 引用ここまで ー 200ページ

あなたの「温かい気持ちになれる本」 まとめをつくろう!

ツイートする