ブクログ まとめ
  • まとめを作成

ハラハラドキドキしたい時に読む本

明浄学院高等学校さんのまとめ

明浄学院高等学校さんのまとめ

ジャンル : / 小説・文芸

作成日 : 2013年4月25日

更新日 : 2013年5月1日

  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    強盗=怖いというイメージを覆す魅力的な登場人物たち。
    テンポよくすすむ会話に伏線だらけのミステリー。

    『陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)』より引用

    • 引用ここから 正しいことが人をいつも幸せにするとも限らない 引用ここまで ー 55ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    クレーマーのおそろしさに身が震える。
    衝撃のどんでん返しにも注目!

    『クレイジー・クレーマー (実業之日本社文庫)』より引用

    • 引用ここから 女性の場合は感情的になってしまう人間が多いのか、クレーム処理に手こずることはそれほど多くない。もっとも手を焼くのは、まったく感情的にならない――いつまでもねちねちと理屈をこね回す陰気な男である。 引用ここまで ー 18ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    ページをめくる手が止まらなくなる。
    夢に向かって進む男たちの物語。

    『下町ロケット』より引用

    • 引用ここから 「何が正しいかは、後になってみないとわからないさ」
      佃はいった。「肝心なことは、後悔しないことだな。そのためには、全力をつくすしかない」 引用ここまで ー 283ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    分厚さを感じさせないスピード感。
    怒涛の展開に引き込まれ、震える。

    『悪の教典 上』より引用

    • 引用ここから 要するに、まったく感情というものが欠落している人間がいたとしても、きわめて高い論理的能力を持ち合わせていれば、感情を模倣することは可能だということだ。 引用ここまで ー 268ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    宮部みゆきを代表する超大作。
    被害者やその家族、加害者の家族にも感情移入してしまう。

    『模倣犯1 (新潮文庫)』より引用

    • 引用ここから 犯罪者に限らず、ある種の事件を起こし易いタイプの人間をして事件の方向へ向かわしめるのは、激情でも我執でも金銭欲でもない。英雄願望だ。 引用ここまで ー 520ページ
  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    読みやすい文章にただただのめりこむ。
    気持ちの良い話ではないが、ゾッとくる怖さがたまらない。

    『告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)』より引用

    • 引用ここから 愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです。 引用ここまで ー 24ページ

あなたの「ハラハラドキドキしたい時に読む本」 まとめをつくろう!

ツイートする