ブクログ まとめ
  • まとめを作成

明浄ブックコンテストのエントリー本

明浄学院高等学校さんのまとめ

明浄学院高等学校さんのまとめ

ジャンル : / 小説・文芸

作成日 : 2013年5月23日

更新日 : 2013年12月2日

  • 1位 白奈

  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    白奈

    「人間レベル2」の僕は、教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまでは―。しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった…!」恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。

    『百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)』より引用

    • 引用ここから 愛とは状態のことで、恋とは状態が変化するときに放出される熱なのではないか。 引用ここまで ー 128ページ
    • 引用ここから だれかの体温とはこんなにも人を安堵させるものなのか。 引用ここまで ー 48ページ
    • 引用ここから 僕はもう弱くなってしまった。一人でいることが普通であたりまえのはずだったのに。 引用ここまで ー 58ページ
  • 2位 黄美

  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    黄美

    一筆啓上。文通万歳!――人生の荒海に漕ぎ出す勇気をもてず、波打ち際で右往左往する大学院生・守田一郎。教授の差し金で、京都の大学から能登半島の海辺にある実験所に飛ばされた守田は、「文通武者修行」と称して、京都にいる仲間や先輩、妹たちに次から次へと手紙を書きまくる。手紙のなかで、恋の相談に乗り、喧嘩をし、説教を垂れる日々。しかし、いちばん手紙を書きたい相手にはなかなか書けずにいるのだった。
    青春の可笑しくてほろ苦い屈託満載の、新・書簡体小説。

    『([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)』より引用

    • 引用ここから 伝えなければいけない用件なんか何も書いてない。ただなんとなく、相手とつながりたがってる言葉だけが、ポツンと空に浮かんでいる。この世で一番美しい手紙というのは、そういうものではなかろうかと考えたのです。 引用ここまで ー 337ページ
    • 引用ここから 世界を飛び交う手紙の中で、もっとも歪んだ力を持つ手紙はどんなものかお分かりですか? 恋文と脅迫状であります。 引用ここまで ー 158ページ
    • 引用ここから 俺は彼女の耳たぶが可愛いから惚れたのではない。惚れた彼女の耳たぶだから、可愛く見えるのであります。 引用ここまで ー 188ページ
    • 引用ここから 人生はふくざつなのです。こういえば大人の世界では「なるほど」となっとくしてもらえます。なっとくしない大人は、はんごろしにされます。 引用ここまで ー 84ページ
    • 引用ここから ああ、みんなで幸せになりたいものです。もし、それが許されないことならば、せめて自分だけは幸せになりたいものです。 引用ここまで ー 162ページ
  • 3位 青太

  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    青太

    死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして――自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか――?

    『流星ワゴン (講談社文庫)』より引用

    • 引用ここから 僕はたぶん、途方に暮れた顔をしていただろう。なにを伝えればいいのかわからないのに、なにかを伝えたいという思いだけが、ここに、こんなに、どうしようもなく、ある。 引用ここまで ー 380ページ
    • 引用ここから 僕は未来を知っている。未来が変わらないことも覚悟している。
      それでも―信じる。僕は、僕の息子が信じる未来を、信じる。息子が未来を信じていることを、信じる。 引用ここまで ー 380ページ
    • 引用ここから いないひとのことは思い出になるけど、生きてるひとは思い出だけで生きていくことはできないんだよ 引用ここまで ー 421ページ
    • 引用ここから 分かれ道は、たくさんあるんです。でも、そのときにはなにも気づかない。みんな、そうですよね。気づかないまま、結果だけが、不意に目の前に突きつけられるんです。 引用ここまで ー 123ページ
  • 4位 黒助

  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    黒助

    騙しのテクニックを駆使した大どんでん返しミステリ!

    大型スーパー<デイリータウン>のマネージャー袖山剛史は、クレーマー・岬圭祐、
    万引き常習犯「マンビー」という二人の敵と闘っていた。
    激化する岬との対立関係といやがらせに限界を感じ始めた袖山の前で、ついに殺人事件が発生する……。
    最終章で物語は突如変貌! あなたは伏線を見破り、真相に辿り着けるか?

    『クレイジー・クレーマー (実業之日本社文庫)』より引用

    • 引用ここから 女性の場合は感情的になってしまう人間が多いのか、クレーム処理に手こずることはそれほど多くない。もっとも手を焼くのは、まったく感情的にならない――いつまでもねちねちと理屈をこね回す陰気な男である。 引用ここまで ー 18ページ
    • 引用ここから 「もうこれ以上、奴の思いどおりにさせるな。高価な商品に対しては、二重にも三重にも盗難防止対策を実行するんだ。いいな? 今度、こんなことがあったら、おまえのクビが飛ぶと思え」 引用ここまで ー 64ページ
    • 引用ここから 激昂した客をなだめる場合、直接身体に触れてスキンシップを深める手段は、案外有効に働く。客によっては逆効果となる場合もあるが、このような子供じみた客には、効き目のある場合も多い。 引用ここまで ー 72ページ
    • 引用ここから 自分の非を棚に上げ、そんな苦情を店やメーカーに持ち込む客が大勢いるわけだ。だが、客は神様である。店員はいかなる理由があろうと、客に逆らってはならない。 引用ここまで ー 79ページ
    • 引用ここから 「入られますか? ぜひ、入って行かれることをお薦めします。身体が吹っ飛ぶかもしれませんけど。あ――でも、お客様なら大丈夫ですよね。赤ちゃんじゃなければ、問題ないって、さっきおっしゃっておられましたし」 引用ここまで ー 83ページ
  • 5位 緑子

  • 明浄学院高等学校さんのまとめ

    緑子

    大学生の望月良夫は愛車のデミオ運転中に、偶然会った女優の翠を目的地へ送り届けることに。
    だが翌日、翠は事故死する。本当に事故だったのか?
    良夫とその弟で大人びた小学5年生の亨は、翠を追いかけ回していた芸能記者・玉田と知り合い、事件に首を突っ込み始める。
    姉、母まで望月一家が巻き込まれて、謎は広がるばかり――。

    『ガソリン生活』より引用

    • 引用ここから あのね、人間のやることの九十九パーセントは失敗なんだってさ。だから、失敗するのは普通の状態なんだ。フランク・ザッパが言うには、失敗するのを死ぬほど恐れているのは、自分を最高に恰好いいと思っている自惚れた人間なんだって。 引用ここまで ー 384ページ
    • 引用ここから 壁に耳あり、障子に目あり、親しき仲にも礼儀あり 引用ここまで ー 313ページ
    • 引用ここから 「殴ったね!」僕は悲鳴を上げた後で、怒りがこみ上げる。「二度も叩くなんて。望月家の人間にもぶたれたことがないのに!」 引用ここまで ー 219ページ
    • 引用ここから 開いたボンネットが塞がらない 引用ここまで ー 190ページ
    • 引用ここから 「悪いに決まってるじゃない。とりあえず、あなたはここで待ってなさい」
      「それなら何で僕は一緒に来たんだろう」
      「あなたが付いてきたいって言っただけでしょ。料理についてくるパセリと同じ。勝手に来ておいて、『どうして食べてもらえないの』と嘆かれても困るでしょ」
      「僕はパセリ」 引用ここまで ー 179ページ

あなたの「明浄ブックコンテストのエントリー本」 まとめをつくろう!

ツイートする