ブクログ まとめ
  • まとめを作成

私が挫折した本

めぇーさんのまとめ

めぇーさんのまとめ

ジャンル : / 小説・文芸

作成日 : 2012年10月22日

更新日 : 2013年8月17日

  • 堪え性のない自分が途中で投げちゃった本。
    後々頑張って読了しようと思ってるものがメイン。
    つーか、どんどん増えてる気がするんだけど気の所為か…(汗)。

  • めぇーさんのまとめ

    前半の幸せ全開から、奈落の底に突き落とされるがごとく
    事態が暗転するところで挫折^_^;
    文庫を買って積んであるので、心身ともに元気なときに
    再チャレンジしたいと思います。

  • めぇーさんのまとめ

    全体に漂う退廃的なムードが合わなかったんだろうな。きっと。

  • めぇーさんのまとめ

    時代背景とかいろいろ、あまりにも自分に重なる(しかも痛い)ことばっかりで
    こそばゆくて読み進められなかった。ってなんだその理由(爆)。

  • めぇーさんのまとめ

    どうしても木村拓哉氏の顔がちらついて(爆)。

  • めぇーさんのまとめ

    犯人が最初から判ってる=外堀埋められて捕えられるって図式がダメなんだってことを
    改めて認識した本。

  • めぇーさんのまとめ

    殺人を犯した理由と、追い詰められていく様がしんどくて途中で挫折(´・ω・`)

  • めぇーさんのまとめ

    『クライマーズ・ハイ』を読んだときにも感じた四面楚歌な感じが『64』では堪えられなかったです。
    精神的にきついときに手に取っちゃったので、きっとタイミングも悪かったんだろうな。
    取り敢えず2年ぐらいたって落ち着いた頃にゆっくり再チャレンジしたい。

  • 友罪

    薬丸岳 2013年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp
    めぇーさんのまとめ

    さわりだけ読んで挫折しちゃった(´・ω・`)
    主人公のモデルが誰なのか、ちょっと読んだだけで判っちゃうのがしんどかったです。
    読みたいテーマではあるんだけどね。
    主人公に感情移入できちゃう自分が恐ろしいと思ったのも
    投げちゃった原因のひとつかもしれないです。
    この本を読破できたら、何かひとつ乗り越えたと思えるような気がします。

みんながつくった「私が挫折した本」 まとめ

ツイートする