ブクログ まとめ
  • まとめを作成

私の就職活動で役に立った本

shoheishirakiさんのランキング

shoheishirakiさんのランキング

ジャンル : / その他

作成日 : 2012年11月8日

更新日 : 2012年11月8日

  • 就活テクニック本に頼らず
    就活“にも”役に立つ本を頼りに就職活動をした私が、
    これから就職活動をする後輩の大学生の方たちに読んで欲しい本です。

    ただし、安定とか、年収がいくらとか、世間からの評判とか、そんなものが気になる人にはおススメいたしません。

    なにかひとつでも好きなものがあり、夢がある人には、きっと就職活動の助けになると思います。

  • shoheishirakiさんのランキング

    企業から内定を貰うことではなく、その先にある「働くこと」や「人生」、「使命」について考えさせられる本。
    就職活動において、周りの多くの就活性は年収や福利厚生、企業の名前や規模を求めて企業を選びます。
    「就活とその先の人生を貫く軸」としてしっかりとした考えを持っていれば、周りに流されることなく、自分の就職活動を全うできると思います。

  • shoheishirakiさんのランキング

    これは「本の読み方の本」ですが、この本自体が人生の指南書でもあります。
    就活においては、この本の中にある「三方よし」という考えがとても役に立ちました。
    「三方よし」とは近江商人の言葉で「売り手よし、買い手よし、世間よし」、つまり良い商売というのは店も客も得をする、さらには社会全体にとっても利益があるということです。
    私は会社選びをするうえで、その会社の活動が「三方よし」のモデルにしっかり当てはまっているかどうかをひとつの指標にしました。

  • shoheishirakiさんのランキング

    人間関係(ヒューマン・リレーションズ)のについて書かれた古典。
    簡単に言えば、人付き合いを円滑にするための本。
    主に、セールスマンなどがカーネギーの手法で商談を成功させた事例どが書かれている。
    就職活動の面接は、面接官に自分という商品を売り込む商談のようなものなので、それにも例外なく当てはまります。

  • shoheishirakiさんのランキング

    私はテレビ業界を志望していたためこの本を読みましたが、テレビの仕事に限らず、仕事の本質として語られている部分がとても勉強になりました。

    『人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~』より引用

    • 引用ここから もうひとつは、歴史的意識を持つということ。自分の仕事や生き方が歴史の中でどういう意味があるのかは常に考えるべきで、そうすれば「歴史を通してみれば正しいのだ」という大義を掲げて、時に画期的な決断も出来るのです。 引用ここまで ー 251ページ
    • 引用ここから テレビという表現手段に関わらず、「人の心を満たす何か」を作り出せる人になってください。メディアは変わっても、常に「必要とされる人」になれるよう努力してください。
      生きていて一番楽しいのは、周りの人から「あなたが必要だ」と言われることなのだから。 引用ここまで ー 273ページ
  • shoheishirakiさんのランキング

    これは上の手紙屋の受験編。
    書かれているストーリーは直接就職活動には関係ありませんが、
    就活編を読んだ後であれば、この本から就活に生かせる考えをたくさん得られるはずです。

  • shoheishirakiさんのランキング

    元フジテレビプロデューサー吉田正樹さんの著書。
    企画作りの考え方や、企画書の書き方、上司との付き合い方などが書かれています。
    しかも、現場で実践されたことばかりなので、そこら辺のプレゼンテクニック本なんかよりずっと実用的です。
    実際に、就活中に企画書を書かされたり、プレゼンをやらされたりすることは何度もありますが、僕はこの本がとても役に立ったと思っています。

  • shoheishirakiさんのランキング

    テレビ東京のプロデューサー“伊藤P”の著書。
    これはテレビマンというより、サラリーマンとしての伊藤Pの仕事術について書かれた本です。
    キー局最下位のテレビ東京が「他局にどこで勝つか」という考え方は、別の業界にも当てはまります。

  • ここからは就活を終えた後に出会った本ですが、
    今から就活をする皆さんには是非読んで欲しいと思った本です。

  • shoheishirakiさんのランキング

    誰もが「好きなことを仕事にできれば理想的だよな」と言いつつ、
    生きるために「好きなこと」ではなく「安定」を求めてしまいがちです。
    でも「好きなこと」で生きている人たちがいることは現実です。

    他人に胸を張って言える「好きなこと」がある人には、それをいつか捨ててしまわないように是非読んで欲しいです。

  • shoheishirakiさんのランキング

    北海道の小さな町工場で宇宙開発をしているところがあります。
    町工場が宇宙開発なんて常識で考えれば無理だと思うでしょう。
    でも社員たった20名の小さな町工場がNASAと取引していることは事実です。
    これを読んで、まず「常識」とか「どうせ無理」という考えを捨ててから就職活動に臨んで欲しいです。

みんながつくった「私の就職活動で役に立った本」 ランキング

ツイートする