ブクログ まとめ
  • まとめを作成

哲学をちょっとかじりたい人にオススメ!デカルト『情念論』読み比べ

sanochihiさんのまとめ

sanochihiさんのまとめ

ジャンル : / 人文・教育

作成日 : 2017年5月2日

更新日 : 2017年5月2日

  • 哲学書をちょっと読んでみたい、という人にオススメしたい『情念論』

  • 「哲学書なんて読んだことなかったけど、教養としてちょっと読んでみたい!」
    という人がもしいたら、私はデカルトの『情念論』をオススメします。

    「哲学のとりあえず読んどけ本」として世間でよく取り上げられるのは、
    古代ギリシャの哲学者プラトンの『ソクラテスの弁明』や『メノン』、
    デカルトなら『方法序説』や『省察』ですが、
    私は断然『情念論』をオススメします。

    哲学書(哲学者が書いた本)は、長くて難解でつまんない><!でも教養として読まなきゃ><!
    みたいなイメージを持っている人も多いと思いますが、この本はそのイメージを覆してくれます。

  • 『情念論』ってどんな本?

  • 数年前に『インサイド・ヘッド』という映画がヒットしました。
    児童書では『こころのふしぎ なぜ?どうして?』という本が売れているようです。
    デカルトの『情念論』は、それを哲学者が書くとこうなる、というような内容です。

    「怒り」「悲しみ」「喜び」など、私たちの身近な「感情」(情念)は、なぜ起こるのか?
    そんな疑問を、17世紀当時の最新の医学の知見(←現代においては、完全な誤りです)を踏まえながら、
    現代にまでその名を轟かす知の巨人・デカルト先生が一生懸命分析しました。

    その一生懸命な分析を読んでいると、
    「物事を徹底的に考える(=哲学)」って、なんてばかで滑稽で、でも楽しそうなんだろう。」 
    ということがじわじわ伝わってきて、微笑ましく読める一冊です。

  • 『情念論』読み比べ

  • 有名な哲学書は、いろんな出版社からいろんな訳が出ていて、
    何から読んだらいいのか迷ってしまう人もいると思います。

  • sanochihiさんのまとめ

    読みやすさという観点では、おすすめは断然、岩波文庫の谷川多佳子さん訳です。
    日本語訳が自然で読みやすく、シロウト向けの注釈も充実しています。 

  • sanochihiさんのまとめ

    せっかくデカルト読むなら、あの有名な『方法序説』も読んでみたい!という人のために(?)、
    中公文庫からセット版が出ていました。
    デカルト研究の権威・野田又夫先生の手による、信頼のおける訳と注釈。

    とはいえ、一般人にとって「読みやすい」日本語ではないので、覚悟が必要です・・・

  • sanochihiさんのまとめ

    『方法序説』は高校の倫理の教科書に載っていることもあって有名ですが、
    哲学をかじり出した人にとっては、デカルトの「とりあえず読んどけ本」といえば『省察』の方が上位に来るかもしれません。

    そんな『省察』と『情念論』のセット販売も、中公クラシックスから出ました・・・

    訳はやはり、デカルト研究の権威・野田又夫先生によるもの。
    文字も大きくて一見油断しますが、
    一般人にとって「読みやすい」日本語では決してありません・・・^^;

  • まとめ

  • そんなわけで、「哲学をちょっとかじりたい」くらいの人へのオススメとしては、
    岩波文庫版に軍配!です。

    これを読んで、哲学に親しみを持ってくれる人が一人でもふえたらいいな・・・

あなたの「哲学をちょっとかじりたい人にオススメ!デカルト『情念論』読み比べ」 まとめをつくろう!

ツイートする