不思議な世界観の短編集


こんばんは。今素敵な短編集を探しています。不思議な世界観の短編だととても嬉しいです。日常のようで非日常な気もする話だとか、ちょっとダークな感じだとか、幸せでも不幸せでもないとにかく不思議な感じがいいです。読み終わったときに「なんか良く分からないけど素敵」という気持ちになることが皆さんにもあると思いますが、今まさにそんな本を探しています。日本の作家さんが書いたものでも海外の作家さんが書いたものでも構いません。皆さんのオススメを聞きたいです。是非よろしくお願いいたします。
ちなみに私のオススメは「世界が終わるわけではなく」です。
  • 投稿日時 : 2013-01-18 22:47:14
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近読んだ短編集ですが、東直子さんの「とりつくしま」を紹介します。
老若男女関係なく不慮に亡くなった人たちが、自分の魂を現世の身近な想い人の「モノ」に取り憑いて、自分の死後の想い人を観察するという物語です。
切なさもあるのですが、何処と無く爽やかな読了感もあります。読みやすいのでオススメします。




とても不思議な世界です。
この世のものでも、あの世のものでもない不思議な世界が描かれています。
悲しい感じや、さみしい感じがお嫌いでなければ、とてもオススメですよ。
恩田陸さんの小説が大好きなのでそこから1冊。



『異色作家短編集』へのオマージュということで、不思議な短編が沢山入っています。ブラックユーモアがお好きであればぜひ。




こちらもお薦めです。
  • 回答No.4687-059380
  • この回答は削除されました。

居心地の悪い部屋

岸本 佐知子 / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2012年3月27日

以前、談話室でご紹介いただいた短編集。
なんとも居心地の悪い魅力的な作品たちです。
  • 回答No.4687-055377
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-05-04 03:43:46
海外翻訳モノ
ドイツ中国中国
翻訳小説でも読みやすい方だと思います。
  • 回答No.4687-055376
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-05-04 03:32:44
アゾットという不思議な国にあるという「21の天使の分け前」「紙石けんに描かれたD氏の肖像」ほか、アゾットにあるという物をひたすら紹介しています。


先日、ヴィレッジヴァンガードで衝動買いした本です。今なら入手できるかも。


 竹本健治の短編集はおすすめです。ホラーからSF、子供向けから大人向けまで、多くの不思議な世界観を味わうことができるはずです。
短編集とは少し違いますが、短い日記形式で話が進んでいきます。
とにかく不思議な世界観なので、好き嫌いはわかれるかと思いますが是非一度読んでみてください。

全29件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする