映画化された小説を読んでみて

小説を読んで、その映画を見に行ったり、
映画を見てから,小説を読んだり。
そうすることで、自分のなかでよりその作品に親しみを
感じることがありました。

なかには映画の方がいい、小説の方がいいなど、
いろいろな意見があると思います。

みなさんの体験を聞かせてください!!!!!!

ちなみに私が最近見て、読んだのはこの作品です!!!!!








ハンガー・ゲーム [DVD]

ゲイリー・ロス / 角川書店 / 2013年10月25日

  • 投稿日時 : 2014-03-22 18:17:08
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は映画が苦手なのでいつも本で読みます。
この間少し読んだのは

です。
映画では結局見ることができませんでしたが、映画のほうも見てみたいと思えるような小説でした。


「あん」、素晴らしかったです。
原作あっての映画なのですが、風景や音…やはり映像は強いです。キャスティングも納得の一語。これはもう、樹木希林さんでなくては。小説や漫画の映画化は、役者や空気感がハマるとものすごく好きになってしまいます。


史実に触発されて小説が書かれ、小説に触発されて映画が作られたようです。

それぞれに独自の面白さがありますが、どちらにも迫真性があります。
読んで良し、観ても良し。ぜひ!



福山雅治主演の同作品名の映画を先に見た後で、こちらの小説を読みました。
映画で主人公があのときにどう思っていたのか、また、映画ではなかったシーンなども小説には書かれてあるので読んで良かったと思いました。
また、映画を見たいですね。


映画「フィールド・オブ・ドリームス」では、小説では野球が大好きなのに運動神経なしの主人公を、どうみても器用なケビン・コスナーが演じてることに違和感。主人公には見える霊が見えない奥さんが葛藤するところも映画にはないのでリアリティがありません。
小説を読んでいなければ楽しめた映画だったかもしれません。映像はきれいです。
  • 回答No.5975-081102
  • kikiさん kiki さんの回答
  • 投稿日時 : 2016-09-13 17:15:04

映画を観てから、原作を読みました。
原作も映画も大好きになりました。

読むと、主人公ふたりの思いに身を焦がし
辛くて切なくてたまらくなりますが
観ると、被害者と父の姿が忘れられなくなります。

ペンの力と演じる力に甲乙つけがたく
どちらも名作です。。
蜜のあわれ

蜜のあわれ [Blu-ray]

石井岳龍 / オデッサ・エンタテインメント / 2016年9月2日

原作は老作家に金魚が女の子の姿で現れる話。
地の文がなく、全部会話で綴られる小説。

映画の赤いドレスをひらひらさせた二階堂ふみさんは、
金魚ぽかった。
作家の妄想を元に映画監督は更に妄想を炸裂させて
います。
  • 回答No.5975-080289
  • この回答は削除されました。
http://booklog.jp/edit/1/4094082182


映画になるとみているのがつらすぎる、もてない、ふられる、
言葉では過ぎ去るけれど、新幹線や髪をかきあげる仕草が切なすぎる。

映画化され仙台にいったことない私も吸い込まれ、私の想像していた通りのものが画面に登場し気味悪く感じるほどだった。
いったことのない、仙台や廣瀬川に思いを馳せたこと、わたしみたいな方が多く、旅行会社が伊坂幸太郎の小説の舞台をめぐるツアーをつくって即完売したのは、情景が正しく素晴らしく惚れたから。
全92件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする