主人公が「生きている」っていう感じの本を教えてください。

はじめてここで質問させていただきます。私は心の病気を抱えている者なのですが、常々「主人公が『生きている』っていう感じの本を読みたいなぁ」と思っています。そこでみなさんが、「この主人公は必死に『生きている』んだなぁ」と思った本を紹介してもらいたいのです。主人公じゃなくて、脇役でもいいです。心の病気の描写が出てくる本ならなお大歓迎です。できれば洋書ではなく日本の小説でお願いします。回答よろしくお願いします(>人<)!!
  • 投稿日時 : 2014-11-01 17:07:56
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

海の底 (角川文庫)

有川浩 / 角川グループパブリッシング / 2009年4月25日

空の中 (角川文庫)

有川浩 / 角川グループパブリッシング / 2008年6月25日

塩の街 (角川文庫)

有川浩 / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2010年1月23日


この4冊です。有川sばかりですいません・・・
  • 回答No.6414-073238
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-02-20 14:21:45
恋愛ものですが、双方ともに心の病を抱えている(抱えていた)人たちが出てきます



ネタバレになりますが、終盤の方に出てくる台詞
「あなたの目にはもどかしいだろうが、全力疾走しているんだよ」が響きます。

同作者で短編集のこれもいいです、特に最終話

とにかく主人公はがんばって生きます。




ハードなSF小説。少女の再生の物語。



上記小説の劇場版。
生きるってこういうことなのかなって思いました。いろいろ抱えながら、でも明日はきちゃうみたいな。

  • 回答No.6414-071410
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-11-06 13:33:25
最近読んだものから。


少し古い作品なので時代の差を感じたりもしますが、それでも変わらない人生観があるように思います。
特に家族の病の章では、家族が寄り添って生きていく意味を考えさせられます。奥さんの病は作中では奇病となっていますが、現代で言うところのパニック障害だそうです
児童書です。登場する彼らの姿は「現実にいる子」と感じます。


「ぼくらの〜」のほうでは自閉症(?)の少女が重要サブキャラで出てきます。

読みやすいのですぐ読めます。よかったら。

ドラマ化もされましたが私は本の方が好きです。
読みやすく、痛快です。


引きこもりの青年が徐々に変わっていきます。


心の病はなく、上下巻と長いですが、一生懸命生きてますよ。
  • 回答No.6414-071360
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-11-04 12:00:34
必死に生きてる二人にじわっときました


  • 回答No.6414-071359
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-11-04 09:51:13
吃音の男の子の話です。一生懸命生きています。
全10件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする