日常に寄り添った和ファンタジー

先日、梨木果歩さんの「家守綺譚」を読み、私のドツボでニヤニヤしながら一気読みしてしまいました。
思い返してみると、森見登美彦作品や、夢枕獏の「陰陽師」シリーズも大好きです。
そこで、日常に寄り添った非日常と申しますか、日本らしいファンタジーもの、SFものの小説を探しています。
妖怪も幽霊も河童も大歓迎、異世界に入り込んでしまうのも大歓迎・・・なのですが!実は根っからの怖がりでして・・・ホラーは読めないのです。
皆さまのおすすめ、ありましたらどうぞ教えてくださいませ!

・梨木香歩「家守綺譚」、森見登美彦作品、夢枕獏「陰陽師」のような小説
・怖くないもの
・人間でないものが出てくる(河童・妖怪・幽霊・心を持った植物や道具etc...)





追記:ちなみに、今気になっているのは恒川光太郎「夜市」です。でもジャンルはホラーだし・・・怖いのでしょうか。読んだ方いらしたら、あわせて教えてくださいませ!
幻想映画館も同じく気になってるけど怖いかどうか・・・。

追記の追記:
皆さま、たくさんのオススメをいただき、ありがとうございます!
先日、「夜市」を読みました。もう、切なく美しく、繊細で怪しげな(でも怖くない)物語に没頭して一気読み。大好きな一冊になりました。
皆さまから教えていただいた本も、どんどん自分の読みたいリストに加わっておりまして、これからがとても楽しみです。
まだまだまだ!たくさんの本を教えていただけたら幸いです。引き続き投稿、お待ちしております。お願いいたします!
  • 投稿日時 : 2015-07-05 15:01:11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルどおり、座敷童子や河童や天狗や時どき神様もが出てきます。
ほんわかした優しい気持ちで読める作品です。



シリーズの第一作。


三作目が一番ファンタジーっぽいなと。

「夜市」私も大好きです!
女城主と彼女を支えるカモシカの神様(?)河童や座敷わらしも登場します。


「陰陽師」と同じノリで。


お好みに合うか分かりませんが、いかがでしょう?
日本の八百万の神様が身近に感じられ、ほんわかとした気持ちになるお話です。

 鎌倉の学校に通う女子高生が、意識不明の状態で発見される。女子高生の家族らは彼女を救おうと、彼女が残したメッセージを足がかりに調べていくと、見えてきたのは鎌倉の血腥い闇の歴史で……。

 表沙汰にされてこなかった歴史の暗部を軸に、怨霊を現代に現そうとする者たちと、それを阻止しようとする者たちの攻防を描いた伝奇ファンタジー。


最近読んだのですが 優しい世界観がオススメです。
  • sasa415さん sasa415 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-08-14 22:11:08
さあやさん、ありがとうございます。
この本、面白そうですね!
昔ながらの妖怪が(怖くなく)出てくる本はとても好きです。
読みたいリストに追加させていただきます!
  • 回答No.6803-075695
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-07-25 10:07:43



同じ作者、梨木香歩さんのこの本はどうですか?今よりちょっと昔の日本の家庭を舞台に、人形や自然界の精霊(?)を描いたファンタジーです。おばあちゃんと孫娘のやりとりが懐かしい記憶を呼びます。
  • sasa415さん sasa415 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-08-14 22:08:27
名無しさん、オススメいただきありがとうございます。
「りかさん」、私も大好きです!
「からくりからくさ」も読んでいたので更に楽しめました。
梨木香歩さんは本当に美しい世界を書きますよね。




家守綺譚。あの世界観、わたしも好きです!

このお話は、愛にあふれた幽霊が出てきます。
これまた愛情にあふれた料理も出てくるので
そちらもご注目いただければ幸いです^^
  • sasa415さん sasa415 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-08-14 22:04:57
おけさん、コメントありがとうございます。
家守綺譚、いいですよね~!

愛にあふれた幽霊というのも良いですね。
美味しそうな料理の出てくる本も大好きです!
読んでみますね!

和風ファンタジーとは少し違うかもしれないのですが、とてもいいお話なのでぜひ!
  • sasa415さん sasa415 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-08-04 23:04:01
美波さん、ありがとうございます!
この作品、タイトルと装丁がとても気になっていました!
良いお話なのですね!読まないと!
さっそく読みたい候補に追加です。
(挙手)自分にもオススメさせてください!


大災害後の町で暮らす幼い女の子と父(と母)の、非日常に寄り添った日常の日々を、グロ切なく描いてます。


「幻想映画館」は怖くないし面白かったですが、同じ著者なら「たましくる」の方をオススメしたいです。
  • sasa415さん sasa415 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-08-03 00:49:48
hiroeさん、おすすめありがとうございます。
「きつねのき」、すっごく気になります!…が、どのくらいグロいのでしょうか…勇気を出して読んでみますね。
「幻想映画館」についてもありがとうございます!
「たましくる」、時代や舞台の設定が私の好きそうな感じです!
全27件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする