本日記

本に関連した今日の出来事や感じたことを書いてみませんか?

本買ってた人が美人めっちゃ美人だった!とか
買った本に印刷ミスがあって、得した気になった。とか
本につまずいて、ずっこけた。とか

コメントもお気軽にどうぞ。

*2015/12/07 追記
図書館ものは http://booklog.jp/q/4673 をご参照ください~♪
  • 投稿日時 : 2015-08-17 07:57:18
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.6868-085017
  • この回答は削除されました。
しまった!
今日の朝方、名無しさんで「読書を家族の方の理解が得られずつらい」って投稿があったんです。その時はコメントできなかったので、そっと閉じたんですが、今開いてみると、消されてる!

名無しさん、ブクログのみなさんは、あなたのみかたですよ。読書に没頭しましょう。コメント遅くなってごめんね。
  • 5552さん 5552 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-15 11:01:35
名無しさんを応援する意味でお花マークを押してしまいましたが、見ている人には意味が分かんないと気づき(汗)、横からコメントさせていただきます。身近な人、解って欲しい人に解ってもらえないという状況は察するに余りありますが、本を読みたい、という気持ちはブクログユーザーだけじゃなく、世界中の本読みが共感すると思います。『本の中の豊潤な世界』を知らない、または性に合わない人からすれば理解しがたいもの。
  • 5552さん 5552 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-15 11:06:00
つらいかもしれませんが、『自分は読書が好き』とマイペースでいきましょう。
なんかずれてるかもしれません。
昔、本読んでたら本読んでることを揶揄されたので、ちょっと語ってしまいました。
お邪魔します。このところ考えていることをつぶやかせてください。
ブクログを始めて4年ほどになります。記録をつけ始めたことで読書と感想を書くことが習慣になり、談話室も活用させてもらい、おかげさまで充実した読書生活を送っています。
が、最近ふと他所の読書サイトを覗いていて思ったのは、ブクログユーザーの方って海外文学を読む人が少ない…?
  • マヤさん マヤ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-12 19:08:46
他の方のレビューを読むのが楽しみなのですが、心なしかレビュー数も少ないような…。自分が海外文学好きなので、少しでも仲間が増えたらなあと思うのですが、どうしたものやら。長編以外の、手に取りやすい作品で読書イベントとかしたらいいのかな…。皆様のお知恵を拝借したいです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-12 21:42:16
他の読書サイトはほとんど見たことがないのでわからないのですが、
リアルに周りにいる本好きさんにも海外文学読んでる人があまりいなくて、
ガイブン好きとしてはいつもさみしいです。
単行本だと高いし持ち歩くの重いので、難しいのかもしれないけど、いっぱい文庫が出てくれるといいなあと思います。
あと、絶版になっている本を復刊してほしい!
  • マヤさん マヤ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-12 22:14:27
名無しさん、コメントありがとうございます。ガイブン仲間欲しいですよね…。
買えないと読めないのに、読む人がいないと出版されないという矛盾…悩ましい。私は図書館族なので偉そうなことは言えませんが、草の根運動でちょっとでも読者数を増やす方法がないかなあと。談話室に海外文学部屋を作るとか…?
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-13 00:08:31
オレは海外の文学を時々読むし、他人の感想も参考にするけど、海外文学が少ないって、気づかなかった。ブクログ以外の読書サイトを見る機会がないので。

海外文学って読みやすいよね。
日本文学だと、自分との距離が近すぎて、居心地が悪くなる。めんどくさい人間関係が、実生活とダブったりして、うっとうしい。

海外の小説だったら、どこか別の惑星の出来事のように、フィクションとして受け取ることができるから楽。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-13 11:46:05
私の本棚には、海外文学は少ないです。
おそらく、カタカナの名前が覚えにくいこと、地名がピンとこないこと、何より翻訳文が独特で味気ないものが多いことが一番の理由かと。翻訳では、文章のよさがダイレクトに味わえないのが残念です。

そんなこんなで、翻訳ものはストーリーで引っ張るミステリー系は読みますが、名作と言われるものは挫折しがちです。
  • 5552さん 5552 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-13 12:20:24
私も海外文学好き...というか憧れがすごくあって、積読本が家に何十冊もあります。評論家の豊崎由美さんが紹介していた本や、他のブクログユーザーさんが本棚に登録していて、気になった本などいろいろ。でも独特の雰囲気があって、慣れないと読みにくいというか、ハードルが高いイメージがあります。気合いが足らんのですが...(^_^;)))
読み始めると日本の小説にはない魅力があると思います。

  • マヤさん マヤ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-13 14:38:19
みなさんコメントありがとうございます。lacuoさん、日本文学は距離が近すぎて窮屈に感じる気持ちなんとなくわかります。私が海外文学を読むのは仮想の海外旅行みたいなもので、現実では行けない世界や出会えない人を知って、自分の狭い世界を少しでも広げるためな気がします。ただでさえ頭が硬いので…。本当は実際に作品の舞台をあちこち訪れられたらなおいいんですけどね。
  • マヤさん マヤ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-13 14:52:05
名無しさん、海外文学を苦手に感じてしまう二大要因ですね;翻訳については、私は読みにくそうな作品の場合よく光文社古典新訳文庫を活用します。現代日本人がイメージしやすい言葉で書かれているから。作品により賛否両論ありますが、まずは手にとってみないことには始まらないので…。地名は地図帳や世界史図録などを見てイメージを膨らませたり、ネットで写真を調べたりします。人名は…慣れかな(^_^;)
  • マヤさん マヤ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-13 15:02:46
5552さん、慣れないと読みにくいというのはあるでしょうね。でも私の経験上、難しいことが書いてあると思いきや、蓋を開けてみたら何ということはない青春小説だったということもままあるので、めげずにぜひ積読本たち読んであげてください!
豊崎由美さんの書評は私も読んだことがあります
  • yamaitsuさん yamaitsu さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-13 17:15:57
お邪魔します。私は海外小説も日本文学も半々くらいで読みますが、

>>難しいことが書いてあると思いきや、蓋を開けてみたら何ということはない青春小説だった

これすごくわかります。「高慢と偏見」なんてタイトルだけでお固い教養小説かと敬遠してたら中身は少女マンガでした(笑)

そういう、読んでみたら面白かったよ!実はハードル低いよ!という海外文学紹介スレを是非たててください(^o^)
  • マヤさん マヤ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-13 19:41:40
yamaitsuさん、「高慢と偏見」は王道少女漫画ですよね!そして海外文学にはわりとツンデレがよく登場する。
トルストイ「戦争と平和」も髭のしかめ面爺さんが書いたいかにも無骨な政治論かと思いきや、なんと青春群像劇だった(笑)
海外文学紹介スレいいですね!そちらでぜひyamaitsuさんのおすすめ作品も教えてください♪
今、福岡で書店を営んでいる方の本を読んでいたら…

こちらの店内で開催しているトークイベントの項に、招いた著者との打ち上げをする店として屋台「花山」が出てきた。

神社の前で50年以上前から営業しており、ふすまで仕切られた座敷まで持っている屋台とな。どんな店だろ?と思うもそのまま読みすすむ。
  • 呑助さん 呑助 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-10 14:14:00
そして、そのお店の話しも忘れた頃、ちょっと雑誌でも眺めて休憩しようと何気なく手に取ったら…


表紙の写真に「花山」の屋号!
こんな感じの店ですよ~、と早々に引き寄せたらしく
エッ⁉と固まった本日。
  • かたくりさん かたくり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-11 03:36:59
呑助 さん お早うございます!
「花山」気になりますね~
いっそのこと、行ってみてはいかがでしょうか?
地理的に近いので、行ってみようかなと思いました。

2冊目の雑誌はじめて知りました。タイトルがいいですね!
読んでみたくなります。
つぎの本でも「花山」に出会いますように。
ちょっと不思議な現象が、
メールで、談話室にコメントが来たと表示されていて、該当の談話室に行くと、そのコメントがない。
内容はメールに書いてあるので、伝わるが・・・
たぶん、コメントした後削除したんだと思う。
特定の誰かにメッセージを送付するのにはいい手かも。でもこの内容、談話室の主(談話室を立ち上げた人)にも通知されているはず。私だけにメッセージを送るなら、私の談話室を利用したほうがいいかも。
最近読む本、なぜかナポレオン戦争に引っかかります。



全作長編に当たる本です。本のなかのストーリのテンポの違いに苦労しています。上記に挙げた本はストーリテンポの速い順に並べてみました。
  • かたくりさん かたくり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-06 19:22:45
長編と知ってから読む本は、身構えが出来てしまいます。これは残念なことだなと思います。今日は虚栄の市を読み始めました。著者の前置きを読んでいると、どのような心構えで読んでいけばいいか、指針が示されます。これは大変ありがたいことで、読者に一種の安心感が得られます。(この作品の場合、主人公はいないこと。ストーリーテンポが遅いことが示されています。)
 何が書きたいのか、分からなくなってきました(苦笑)
  • かたくりさん かたくり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-06 19:28:52
まぁ要は、あれです。酒を飲観ながら読書をするのは楽しいという事です。湯船につかり酒を飲み、読書。風呂から上がり、酒を飲みながら読書。そして意味不明な日記の記入。今日も楽しい読書になりそうです。
  • かたくりさん かたくり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-06 19:30:31
 書き足りないので、失敬します。ものがたりを目の前にして、わくわく感があることは幸せだと思います。虚栄の市、長編です。一人の(作家の)頭の中に潜入できると感じると思しろく感じると同時に、作品に没頭していく、潜水していくことに楽しさを感じます。そしてそれが長編であればなおさら――
 今日も眠れない夜になりそうです。 ほろ酔いおじさんのろれつ回りの効かない日記、失礼しましたるあ。
  • 回答No.6868-084910
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-10-05 21:28:49
カズオ・イシグロが、ノーベル文学賞を取りました!
村上春樹はまたまた残念でしたが、イシグロの作品も映画やドラマにもなっていて、日本でもなじみのある作家ですね。
静かで奥の深い作品で、私も好きな作家の一人なので、これを機に、再読してみようかな。

  • 5552さん 5552 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-05 23:53:22
こんばんは。
カズオ・イシグロさんのノーベル賞受賞、わたしも嬉しいです。「わたしを離さないで」は人生ベスト10に食い込むぐらい好きな小説なので(* ̄∇ ̄*)。また再読したいです。
  • かたくりさん かたくり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-06 00:30:22
いやー取りましたね!
テレビの速報が表示されたときは、ガッツポーズをとりました!
あらためて、カズオ・イシグロさん、ノーベル文学賞受賞おめでとうございます。
名無しさん、5552さん、私は日の名残りのほうが好きです。
これ期に再読しようかと思いましたが、さっそく知人から貸してと連絡が入りました。
これを期にいろんな人に読んでもらえたら嬉しいですね!
今日は、勝手に家事お休みデーにしたので、散歩がてら久しぶりに図書館に行ってきました。借りたい本があったわけでもなかったのですが、ふと引き寄せられたのがこれ。

いつかは読んでみたいなーと思っていたのを、思い出しました。
午後の一時、パラパラ読みたいと思っています。
  • かたくりさん かたくり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-05 14:17:11
インパクトのある表紙ですね。時間がたっても、印象が残る本わけですね。
今パラパラめくっている頃でしょうか?レビューが楽しみ。
夫と共に書店へ行ってきました。
今や、ネットでいつでも好きな時にすぐさま欲しい本は買えるけど、せっかく本屋へ足を運んだとなると、証に1冊は買って帰りたいものです。
積読も余裕で一年分はあるのに、今日も1冊購入。

前から読みたかったけど、ブック○フでは見つからず。ちょうど作品を読み終えたところなので、今日から読んでいきます。
  • かたくりさん かたくり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-03 02:44:14
本屋に行った証に本を買う。素敵な習慣ですね。私は目的の本があれば本屋に行くので、その習慣は考え付きませんでした。
ハサミ男。なぜか頭がハサミの男を想像してしまいました(笑)
ブック○フ、この15年?近く行ったことがないです。超久しぶりに行ってみたくなりました。
本を買った記念に、この日記を活用してください!
ではアディオス アミーゴ!
「あずかりやさん」を図書館で借りて読んでみて、面白かったので、文庫本が出たら購入、を待っていました。
そしたら先日、ブックカバー付きで平積みされてました。
もちろん、購入したのですが、今、肩が痛いので読書は
お休みしてます。


  • かたくりさん かたくり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-09-30 06:39:39
表紙の猫がかわいいですね!
おもしろかったから、文庫本をとのこと。いいですね。
肩は治りそうですか?心配です。
全236件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする