何度も読み返している本

何度も何度も読み返す位、大切にしている本ってありますか?

たくさんのいろんなジャンルの本を読んでいるものの何度も読み返した本はなくて。

何度も読み返してしまう位大切にしたい本に出会いた
いです。

皆さんの大切している本を教えて頂けたら嬉しいです。
  • 投稿日時 : 2016-04-05 19:39:23
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

 この本、すでに何度か読みました。きっとこれから、何度も読み返す大切な本になると思います。

 面白く、味があって、考えさせられる。「小説って、やっぱりこうじゃなくっちゃね!」って思える本です。



 今から40年くらい前、十代後半に初めて読んで、その世界観にはまってしまいました。二十代には中毒のように何度も読みました。

 最近読み返してみたら、やっぱり好きな本だと思いました(感じ方は昔と少し違ったけど)。

 何年か後に、きっとまた読むと思います。

 佐宗鈴夫訳もありますが、村上龍訳(絶版)が絶対におすすめ!


登場人物が愛おしい。自信がなくなった時に読んでます。




何度読んでも色あせない面白さがあります。
一部だけでも読んでほしい本です。

中学生のときに読んだ衝撃が尾を引いているのか、10年近く経っても未だに何度も読み返してしまいます。ある1冊の本にまつわる短編集なのですが、その本がとても面白そうで、いつも「実際にこの作品中の本を執筆してくれればいいのに」と思いながら読んでます。
これかな。
人生観が変わるのかも。

映画化なども頻繁にたたき出す金城一紀さんの「対話篇」。
不器用な男の人の描く不器用な4つの短編恋愛小説です。
「映画篇」という本もとても好きなのですが、
何故かこの「対話篇」に心を奪われてしまい、
厚かましく友人の誕生日プレゼントにも頻繁に利用します。
何度も読んで、そしていつも泣いてしまいます。


  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-05-03 16:14:20
回答くださり、ありがとうございます!

「何度も読んで泣いてしまう」
「友達にプレゼント」

大切にされていらっしゃるんですね!

そんな大切されていらっしゃる本なら私も読んでみます!
  • 回答No.7181-079755
  • susyさん susy さんの回答
  • 投稿日時 : 2016-05-02 15:22:19
パウロさんのアルケミストですかね
その時に感じていたことが状況が変わった今だから理解できるようになることって多いと思います
哲学とスピリチュアルの違いは客観的か主観的ほどの違いですからね
哲学の「客観」にはある程度の知識を持った人を納得させられるほどの内容である事も必要ですがね
私は自分なりの哲学が有っても面白いと思います


  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-05-03 16:12:15
回答くださあり、ありがとうございます!

心が豊かになりそうで読んでみたいと心をくすぐられました!

読みますね!



こちら、お勧めです。

寝ながら学べる構造主義。

哲学について体系的に学んだことがありませんでした。
カントを学んでいたという知人の勧めで、哲学の入り口として読んでみるといいよ、とのことで手に取った本です。
ある視座から見る事象の理解と、その事象が起こっている視座からの理解とは異なるという考え方に触れ、非常に役に立っています。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-04-27 17:07:55
回答くださり、ありがとうございます!

その事象が起こっている視座からの理解とは異なるという考え…

難しそうですが機会があればチャレンジしてみたいと思います!
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-04-25 21:38:40
回答くださり、ありがとうございます!

哲学は苦手な分野(今、読んでる本も哲学です)なのですが…

その哲学に興味をもたせてくれた本とならば!

読まねばですね。
全20件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする