カバンに入れて持ち歩きたい本

こんにちは。
忙しくてなかなか本が読めない20代半ばの女性です。
空いた時間に少しでも読めればと思いいつも本をカバンに一冊は入れておきたい人です。

そこで、みなさんにお尋ねしたいのは、今カバンの中に入っている本、もしくはカバンに入れて持ち歩きたい本です。

ジャンルは問わず、とにかくこんな本がカバンに入ってるよーというのを教えてください。

ちなみに私の今のカバンにはこれが入ってます。なかなか進まないですが。

  • 投稿日時 : 2016-05-15 16:37:35
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

そばと私 (文春文庫)

季刊「新そば」 / 文藝春秋 / 2016年9月2日

最近は、図書館で借りたこの本をカバンに入れてますね。
そのまま、そば屋へ行ってる。
短いコラムの集まりなので、すぐに読めるし。
やっぱり、そばが好き。
  • 回答No.7224-081394
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2016-10-23 00:50:48
4月から3月まで、全部で12の短編と+αで構成されたミステリ作品です。(今もカバンの中に入ってます)
季節感たっぷりだから今月の短編だけ読み返したり。

最初から最後まで読むとガツンときます。読んだ記憶を消して、もう一度"初めて"読みたい…。
癖になる魅力的な作品です。
本日読み終わった作品。
仕事で落ち込んでいた気分もちょっと明るくなりました。


さて、次はどの本を鞄にいれようかしら……。
文庫本サイズなので持ち歩いています。
コーヒーブレイクに読むのがおすすめです。
この本・・です。

今リアルにカバンに入れてて読んでる途中なのは↓です(笑)が

オススメしたい本なら↓です。短い話が続くので細切れに読めますし。

今、私のカバンには筒井康隆の「旅のラゴス」が入っています。
短編集という感じですが、すべての話がつながっているので、読みやすいし面白いです。

旅の途中にいろいろな難関が待ち構えてて、とてもハラハラするので、不思議と自分もラゴスと一緒に、旅に出てる感覚になります。笑


ぶっとくて、重いので筋トレになります。

鞄に入っているのはKindleなので、Kindle版さえ入手できれば、どんなに分厚い本でも持ち歩けます。^^

今読んでいるのは、Gorky Park by Martin Cruz Smith です。
今もちあるいているのは平田オリザさんの「下り坂をそろそろ下る」講談社現代新書、です。演出家で、大阪大学の特任教授としてコミュニケーションも教えているようです。交通機関の中ではあまり重いものは読みません。「小説家になろう」サイトのweb連載のものも読みます。
全10件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする