シュールでナンセンスな海外の小説を教えてください。

シュールでナンセンスな海外の小説を教えてください。
  • 投稿日時 : 2017-08-25 21:33:05
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roald Dahl、また読んでしまいました。相変わらずシュールでブラックでした。




これ、途中までハラハラドキドキさせておきながら、だんだん訳の分からない展開になって、結末はシュールでナンセンスです。


現実的なようで超現実的な展開で、題名になっている男についても分かったような分からないような結末です。芥川賞作家の津村記久子さんが大絶賛していました。
シュールでナンセンスで、哀しい物語

ピアノを弾くとカクテルが出来上がり、部屋は好きなように大きなを変える。突然、美しい恋人クロエが肺に蓮の花が咲く病気に…。
「日々の泡」というタイトルの訳もあるようです。
地下鉄のザジ

映画にもなりました。

地下鉄のザジ [DVD]

ルイ・マル / カルチュア・パブリッシャーズ / 1999年11月17日

シュールでナンセンスと言えばザンス・シリーズでしょう!



全部で数十冊出てるはずですが、残念ながら網羅したアイテムが見つからなかったため、とりあえず最初の三部作のものを。
映画、「ハウルの動く城」の原作です。訳わかんない。


これは快作、かつ怪作ですね。

Roald Dahlはシュールですね。児童書でも、毒があります。





全8件中 1 - 8件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする