あらすじ

ソマリアの国境付近で、墜落ヘリの捜索救助にあたっていた陸上自衛隊第1空挺団の精鋭たち。その野営地に、氏族間抗争で命を狙われている女性が駆け込んだとき、壮絶な撤退戦の幕があがった。圧倒的な数的不利。武器も、土地鑑もない。通信手段も皆無。自然の猛威も牙を剥く。最悪の状況のなか、仲間内での疑心暗鬼まで湧き起こる。なぜここまで激しく攻撃されるのか?なぜ救援が来ないのか?自衛官は人を殺せるのか?最注目の作家が、日本の眼前に迫りくる危機を活写しつつ謳いあげる壮大な人間讃歌。

お試し版『土漠の花』のダウンロード

『土漠の花』のお試し版(内容の紹介)PDFを配布中です。徹夜必至の極上エンターテインメント作品をぜひ体験してください。

お試し版ダウンロード

※お試し版を閲覧するには、Adobe Readerなどが必要になります。

著者 月村了衛ついて

月村了衛 Ryoue Tsukimura
1963年生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。11年刊行の『機龍警察 自爆条項』が、「このミステリーがすごい!」第9位、第33回日本SF大賞を受賞。12年刊行の『機龍警察 暗黒市場』は、「このミステリーがすごい!」第3位、第34回吉川英治文学新人賞を受賞。他の著書に『一刀流無想剣 斬』『黒警』『コルトM1851残月』など。今、最も熱い物語を書ける作家として注目されている。

月村了衛からのメッセージ

著者:月村了衛

現代における冒険小説の復権。それこそが私の目指したものであるーー
と書けば何やら大仰ですが、要するに「我を忘れて読み耽ってしまうほど面白い本」ということです。

現代を舞台にして、しかも日本人を主人公にして、伝統的冒険小説を成立させるにはどうすればよいのか。そういう思考の結果が本書であります。女性の方もぜひ手にとって、その底流にあるロマンティシズムを心ゆくまで味わって頂きたいと思います。

ページをめくればたちまち眼前に広がる未知の世界での死闘。でもそれは、今この瞬間に起こっていたとしても少しもおかしくない〈現実〉なのです。

書店員さんからの応援メッセージ

  • 家でやろうと思っていた仕事など、すべて忘れて一気読み。何度も熱い涙がこみ上げました。

    ー 自廣文館新幹線店 江藤宏樹さん

  • 集団的自衛権に向かって突き進んでいる今、これをたくさんの人に読んでもらいたい

    ー 精文館書店中島新町店 久田かおりさん

  • 後半に行くにつれ、追い込まれる彼らとともにドキドキもページを繰る手も加速する。

    ー 紀伊國屋書店横浜店 川俣めぐみさん

  • 良質なエンターテイメントには読者の世界を広げる窓がある。傑作です。

    ー 有隣堂店売事業部 倉田裕子さん

  • 生きるために戦う男たち、自らの命をかけて同僚を救う男たちに涙が止まりませんでした。

    ー 岩瀬書店福島駅西口店 半澤裕見子さん

  • のめりこむ。食い入るように、目を見開いて読んだ。頭から血が抜けていくようだった。

    ー 紀伊國屋書店横浜みなとみらい店 安田有希さん

  • こんな物語を待っていた!偉大なる先達の熱い血が、自衛官たちをメインキャラにして甦るこの興奮!!

    ー ときわ書房本店 宇田川拓也さん

  • 鼓動の高鳴りも止まらない。こんなに消耗する小説は初めてかもしれない!大大大興奮の渦に呑み込まれました。

    ー SHIBUYA TSUTAYA 内山はるかさん

献本キャンペーン

たくさんのご応募ありがとうございました!

『土漠の花』のプレゼントの応募は、2014年10月6日をもって終了しました。
当選した方々には応募時に記入いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。

土漠の花

土漠の花

著者:月村了衛 / 幻冬舎

男たちは、命を賭けて女を守ったーー。なぜここまで激しく攻撃されるのか?なぜ救援が来ないのか?自衛官は人を殺せるのか?

ブクログのトップに戻る

ツイートする