おうちで食べたい みんなのオリジナル鍋カバーレシピ10

『鍋カバーつき使いこなしレシピBOOK』のココがスゴイ

スゴイ1

加熱時間が短縮できる

光熱費を節約できる上に、トロ火に長時間かけたようにじっくり加熱。おいしい料理ができます。

加熱5分→15分待つ
スゴイ2

90分後でも80℃以上をキープ

建物の断熱材に使用される素材を採用した、オリジナルのセラミッククロスが保温力のヒミツ。断熱性も高く、耐熱温度は300℃!

このクロスが保温力のヒミツっ
スゴイ3

手持ちの鍋が使える

鍋カバーの大きさは直径32cm×高さ20cm。直径26cmまで(両手鍋の場合は取っ手部分も含む)の鍋に使えます。

直径26cmまで

『鍋カバーつき使いこなしレシピBOOK』の紹介動画

鍋カバーをどんな風に使うのか、実際の大きさや使用感の参考にしてください。
ロールキャベツやサバの味噌煮を作っています。
煮汁の中で材料が踊らず、煮崩れしにくいという特長がよくわかります。

youtubeで大きなサイズの動画をみる»

鍋カバーの保温調理レシピ例

煮くずれしすぎずさらりとおいしい「トマト入りカレー」

加熱煮込み約5分→保温調理約15分

鍋カバーを使って作った「トマト入りカレー」 フライパンにサラダ油と玉ねぎ、にんにくを入れていため、豚肉を加えて色が変わるまでいためる。にんじん、じゃがいもを加えていため、水と顆粒コンソメを加える。トマトを切り口を上にしてのせ、煮立ったら5分煮て火を止める。ふたをして鍋カバーに入れ、15分保温し、菜箸でトマトの皮をとる。
鍋カバーからフライパンをとり出し、刻んだカレールーを入れ、へらでまぜながらとかし、しょうゆ、中濃ソース、好みのスパイスで味をととのえる。

30分おいておけばでき上がり「紅茶豚」

加熱煮込み約10分→保温調理約30分

鍋カバーを使って作った「紅茶豚」 直径18~20㎝の深鍋に水(肉がかくれるくらい)を入れて火にかけ、70℃くらいになったらティーバッグを入れ、常温に戻しておいた豚肉を加える。
強火にして煮立ったらアクをとり、火を弱めて10分煮る。火を止め、ふたをして鍋カバーに入れ、30分保温する。
鍋カバーから鍋をとり出して人肌に冷まし、豚肉をとり出して好みの大きさに切る。

※スペースの都合上、本誌掲載レシピを簡略化しています。

鍋カバーの保温調理レシピ例

優秀作品10作品には、Amazonギフト券1万円分をプレゼント

鍋カバーを使ってつくったおいしいレシピと写真を大募集!下記のいずれかの方法でご応募いただいたレシピの中から、優秀な10作品にAmazonギフト券1万円分をプレゼントします。
さらに、優秀レシピをまとめて電子書籍として配信する予定になっています。

レシピ写真のサンプル

レシピの応募受付期間は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

「鍋カバーつき使いこなしレシピBOOK」amazon詳細ページ

鍋カバーつき使いこなしレシピBOOK』 書店にて好評発売中!

¥2,980
監修: 堀江ひろ子 監修: ほりえさわこ
主婦の友社 / ムック / 52ページ / 2011-12-02
本の詳細&レビューを読む»