ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

P+D BOOKS 創刊1周年記念プレゼント

直感で選ぶ名作文学 P+D BOOKSのペーパーバック版の献本企画!いまや入手困難の昭和の名作・お宝作品が勢ぞろい!直感で気になるタイトルを選んで、ツイートするだけ!応募いただいた方の中から抽選で各タイトル2名様、総計78名様にペーパーバック版を差し上げます!

P+D BOOKSペーパーバック版
応募方法 ページ上部のスライドで好きな配色、読んでみたい作品の「ツイートして献本に応募する」ボタンからツイッターに投稿すると応募完了です。
  • ※投稿の際、書籍名とハッシュタグ「#直感で選ぶ名作」を削除、変更しないようにお願いいたします。
応募期間

2016年6月10日(金)~6月30日(木)終日

献本キャンペーンは終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

プレゼント内容 P+D BOOKSの39作品のペーパーバック版(紙の本)をツイートされた方の中から抽選で各2名様、合計78名様に献本いたします。
当選者へのご連絡
  • 当選された方のうちブクログ公式ツイッターアカウント @booklogjp をフォローしていただいている方にはツイッターDMにてプレゼント配送に関しての手続きのご連絡いたします。
  • ブクログ公式ツイッターアカウント @booklogjp をフォローいただけていない方にはメンションでフォローのご案内をした後、ツイッターDMでご連絡いたします。

P+D BOOKS デジタル版30%OFFキャンペーン

すぐ読みたい人は、P+D BOOKSのデジタル版がおすすめ!期間内なんと全作品30%OFFになるキャンペーンを実施中!

P+D BOOKS デジタル版

購入方法 上記スライドで「30%OFF」マークを押して、ストア一覧ページからあなたが利用したいストアへ移動して購入してください。
  • P+D BOOKSをReaderStoreで探す
  • P+D BOOKSをBooklive!で探す
  • P+D BOOKSをhontoで探す
  • P+D BOOKSをebookjapanで探す
  • P+D BOOKSを楽天ブックスで探す
  • P+D BOOKSをKinoppyで探す
キャンペーン期間

2016年6月10日(金)~6月23日(木)まで

P+D BOOKS デジタル版30%OFFキャンペーンは終了いたしました。

注意事項 購入方法は、各ストアの案内に従ってください。

P+D BOOKS 創刊1周年記念トークイベント

P+D BOOKSの創刊1周年を記念して、トークイベントを行います。作家・島田雅彦、長女で作家・中上紀、中上健次電子全集の監修者で文藝評論家・高澤秀次が、中上文学を熱く語り合います。

P+D BOOKS 創刊1周年記念イベント 熊野大学 in TOKYO
生誕70年!中上健次文学その意義と軌跡

イベント名

P+D BOOKS 創刊1周年記念イベント 熊野大学 in TOKYO 生誕70年!中上健次文学その意義と軌跡

出演 島田雅彦(作家) 中上紀(作家) 高澤秀次(文藝評論家)
開催日時

2016年6月28日(火)18時30分開場 19時開始

イベントは終了いたしました。

開催場所

MARUZEN&ジュンク堂渋谷店

東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店本店7F [地図]

イベント参加問い合わせ 電話番号 : 03-5456-2111

P+D BOOKSとは?

「P+D」とは、ペーパーバック&デジタルの略称。がむしゃらに、全力でやり遂げることが当たり前だった昭和の時代に、魂をペンに込め書き上げられた珠玉の文芸作品。ただ、これらの名作は、時代とともに入手困難になってしまいました。そこで、ペーパーバック書籍と電子書籍で同時発売するのが『P+D BOOKS(ピープラスディー・ブックス)』。

  • 川端康成 (林忠彦『日本の作家』より)
  • 中上健次

松本清張『山中鹿之助』の初単行本化、中上健次、未完の遺作『熱風』も初単行本化、川端康成、幻の少女小説『親友』60年越しの復刊、北杜夫、珠玉の初期作品をカップリング『少年・牧神の午後』、大ベストセラー絵本「100万回生きたねこ」著者、佐野洋子のエッセイ『北京のこども』、栗本薫の壮大なスケールで描く超伝奇シリーズ『魔界水滸伝』、他にも丹羽文雄『親鸞』、澁澤龍彦『サド復活』、立原正秋『剣ヶ崎・白い罌粟』、水上勉『秋夜』、山口瞳『居酒屋兆治』、などなど、錚々たる昭和の大作家たちの代表作、お宝作品が目白押しです。

ペーパーバック&デジタルの手軽さを生かしお好きな時間、場所でお読みいただいたり、じっくりとお時間を取り、自分本位の読書スタイルで熟読いただいたりと、自由な読書時間が広がります!

P+D BOOKS 6月発売の新刊作品はこちら

P+D BOOKSの本棚

「P+D」とは、ペーパーバック&デジタルの略称。 松本清張氏の初単行本化された幻の作品「山中鹿之助」をはじめ、錚々たる昭和の大作家たちの代表作、お宝作品が目白押しです。

ブクログのトップに戻る

ツイートする