世界15ヶ国で出版&映画化も予定!
人生のプライオリティを考えさせる、感動ノンフィクション。

高校の英語教師として生徒たちから厚い信頼を受けているダヴィード・メナシェは、脳腫瘍に冒され余命宣告を受ける。その後6年に及ぶ病魔との闘いの末、視力、記憶力、身体の自由を奪われた上、生きがいであった教職をついに去ることになってしまう。しかしメナシェは、教育者であり続けることを諦めなかった。すべての治療を止め、先の困難な道にひるむことなく、人生という名の新たな教室に踏み出す。

「一人でアメリカを旅しながら元教え子たちを訪ねる」という大胆な計画をフェイスブックで発表するメナシェ。「僕は彼らの人生に影響を与えることができたのだろうか」と、麻痺した身体を杖で支え、バスや列車を乗り継ぎながら、マイアミ・ニューヨーク・米中部・サンフランシスコまでの約1万3000キロの旅路で、大勢の教え子たちとの再会を果たす。メナシェがたどりついた人生の教訓とは?

メナシェがたどった約1万3000キロのルート。全行程101日間、31都市、75名の教え子たちとの再会を果たした

著者 ダヴィード・メナシェついて

著者 ダヴィード・メナシェ

青年時代は文学とパンクに明け暮れ、将来の目標もなくすごしていたが、教師という仕事に出会い、強い使命感を抱く。マイアミ市内にあるコーラル・リーフ高校の英語教師として15年間教壇に立ち、2012年には同地域の「最優秀教師」に選出。本書でタトゥーのエピソードも登場するなど、かなりワイルドな教師である。

プライオリティ・リストとは?

プライオリティー・リスト

自分が大切にしている価値観について優先順位をつけたリスト。そもそもはメナシェが考案した授業の課題で、取り上げた作品の登場人物がどんな価値観を持っていたか順番をつけることで、キャラクターの相違点や共通点を見つけるもの。それが次第に生徒自身のリストにも発展していった。この授業によって、自分という人間に改めて気づいたり、生徒同士が互いに尊重する気持ちが生まれることとなる。病気が発覚した後、メナシェが自身の本音に気づく重要な場面でも登場。

生徒が語るメナシェ先生の思い出

  • メナシェ先生は人生に一度出会えるか出会えないかという先生です。だから先生がいなくなってしまうなんて耐えられなかった。何をすべきなのかわからずに泣くことしかできなかった。そのとき、先生が言ったひと言を私は一生忘れません。「心配いらないよ。僕にまかせて」あのとき以上に誰かを誇りに思ったことはありません。

    ジゼル・ロドリゲス
    コーラル・リーフ高校 2008年卒業生

  • メナシェ先生は何を勉強すべきかだけでなく、学び方や勉強を好きになる方法を教えてくれた。

    アドリアナ・アンギュロ
    コーラル・リーフ高校 2008年卒業生

  • メナシェ先生、あのときしつこく言ってくれてありがとう。先生は私の中に自分の人生を生きるという種を蒔いてくれた。あんなことを言ってくれたのは先生が初めてでした。高校を卒業した後に出会った人たちが、その種に水を与えてくれました。そして今日の私があるのです。

    アンジャリー・ケムラニー
    コーラル・リーフ高校 2005年卒業生

「あなたの人生に影響を与えてくれた先生」エピソードを大公開!

発刊を記念して募集した「あなたの人生に影響を与えてくれた先生」。エピソードはどれもすてきで、読んでいると感動して泣きそうになることもありました。選考の結果決まった、大賞と入賞作品を6点を公開します!

大賞

僕の先生は、世界で一番明るい視覚障がい者と名乗る人です。その人が教えてくれたこと、それは「生きるとは、感謝し続けれるかどうか試されている期間」感謝される人になることは確かに難しい。でも、もっと難しいのは自分自身が相手に対して感謝し続けることができるかどうか、すごく難しいということ。だからこそ、日々日報に感謝を書く欄があります。

ー 23歳 男性

このエピソードを共有する

入賞

  • 小学校2年のとき私が拭き掃除を担当することになった本棚はどうしようもなく汚かったのです。どんなに一生懸命雑巾で磨いてもピカピカになりませんでした。手が痛くなるほど磨きましたが汚れたまんまです。私はさぼっているとみんなから誤解されるんだろな、と悲観していました。でも先生はきちんと私を見てくれていました。HRで私が誰よりも拭き掃除を頑張っていることを誉めてくれたのです。がんばる姿を誰かが見ていてくれることは、私にとって大きな励みになりました。努力は本当に報われるんですね。先生、教えてくれてありがとう。本棚は思っていたよりもきれいになっていました。

    ー 50歳 女性

    このエピソードを共有する

  • 大学時代の恩師の言葉『技術や知識は教えられるけど、情熱は教えられない。あなたが持って生まれたものなのよ。』挫けそうになる度に思い出す言葉です。

    ー 30歳 女性

    このエピソードを共有する

  • 浪人時代の英語の先生。「他人を幸せにしてこそ、自分が幸せになれる」という言葉が、今までの自分中心の人生を激変させた。5年後、私はカンボジアで貧しい子どもたちを助ける活動をしている。

    ー 25歳 男性

    このエピソードを共有する

  • 受験で親と塾との意見が食い違い、板挟みになって苦しんでいた時に、「君の考えを貫けばいい、責任は俺が取る」と言ってくださった先生。

    ー 22歳 男性

    このエピソードを共有する

  • 幼い頃からずっとピアノを習ってきました。小学校の卒業式で担任の先生から「桑野さんといえばみんな『音楽』と言うけれど、僕は『図工』だと思います」と言われました。私のことをよく見てくださっているなあ、と感激しました。心から離れない一言です。素晴らしい先生です。ちなみに、生徒一人ひとりの筆跡を覚えていて、誰が書いた文字か当てられる先生でした。懐かしく思い出しました。

    ー 33歳 女性

    このエピソードを共有する

たくさんのご応募ありがとうございました!
入選した方々には応募時に記入いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
THE PRIORITY LIST 人生という教室 プライオリティ・リストが教えてくれたこと

THE PRIORITY LIST 人生という教室 プライオリティ・リストが教えてくれたこと

著者 : ダヴィード・メナシェ 訳 : 川田志津 / 東洋出版

残された時間がわずかだったら自分の命をどう使いますか?
3年B組金八先生、小山内美江子氏推薦!人生のプライオリティを考えさせる、感動ノンフィクション。

ブクログのトップに戻る

ツイートする