献本企画「トゥルーブラッド」

世界中にヴァンパイアブームを巻き起こしている、新感覚小説「トゥルーブラッド」。
今回もブクログユーザーの中から選ばれた方に読んでいただきました。「トゥルーブラッド」は、2009年のゴールデングローブ賞の主演女優賞、エミー賞キャスティング賞を受賞し、すでにシーズン3まで制作されている米国で超話題のドラマの原作です。
単なるラブロマンスと侮るなかれ!予期せぬストーリー展開に夢中になること間違いなしです。

最終更新日 : 2010年10月20日

『トゥルーブラッド』のあらすじ

日本人科学者が開発した人工血液「トゥルーブラッド」を摂取することにより、ヴァンパイアが人間と共存する世界。
主人公は相手の心が読めてしまう能力のせいで、恋人もできずにきた少女スーキー。
そんな彼女の前に、ついに心が読めない相手、ビルが現れる。だが、彼はヴァンパイアだった。

その存在が法的に認められているとはいえ、片田舎ゆえの偏見は根強く、人間とヴァンパイアの「文化」の違いもあり、苦しむ2人。
さらに、ヴァンパイアの関与を疑わせる連続殺人事件が発生、疑惑の目はビルと、スーキーの兄に向けられる。
そして最悪なことに、絶大な力を誇る長老ヴァンパイアが彼女の能力に興味を抱きだした…。

カバーイラストは人気の多田由美!

ブクログユーザーのレビュー・感想

  • ブクログユーザーのレビュー・感想

  • 気付いたら夢中になってほぼ1日で読み終えていて、原作・ドラマと海外でも人気が高いことに納得です。
    ストーリーのテンポが良く、ベタベタな恋愛だけに焦点をあてているわけではないので、ミステリー要素も強くて楽しめました。 pecorinoさんのレビュー全文»

  • 種族を超えた愛を貫く2人のとろけるように甘いラブロマンス…と思っていたら全然違った!
    いや、2人の危険な恋に心が翻弄されたのは確かだが、さらにミステリー要素やアクション映画のような臨場感も楽しめたのだ。 しぶさんのレビュー全文»
  • 人の心が読める能力を持つスーキー、それを「障害」と言ってしまうところがまずビックリ!
    その能力は役に立つこともあるけれども、基本これまでの彼女の人生においては、ふつうの生活をおくるうえでの「壁」でしかなかったから、そういう意味での「障害」というフレーズは、言いえて妙だなぁと。 yagi_ponさんのレビュー全文»
  • 訳者さんが上手いのか翻訳ものが苦手な自分ですが、すらすら読めて、リーダビリティーの良さは抜群です。 papa0079さんのレビュー全文»
  • 正直、読み始めは文章の書き方に少し抵抗があって読み辛いと思ったのですが・・・読み進めていくにつれて、ぐいぐいお話の世界に引き込まれていきました。
    愛情の表し方がやっぱり独特だけれど、そこもまたお話を引き立てていて良かったですし・・。 寿 雪華さんのレビュー全文»
  • ただのラブストーリーではなく、ミステリーな事件もありドキドキハラハラしながら読める作品だった。
    主人公の女性が普通の人ではなく、その普通ではないための苦労や異常と周りから言われる苦痛など、その女性の心情を事細かく書かれていたため、感情移入しやすかったと思います。 shi-chanさんのレビュー全文»
  • 海外文学+吸血鬼ものということで、構えがちでしたが、非常に読みやすい文章となっていて、また、ちょっと間抜けな登場人物に親しみを感じた作品でした。 19810406さんのレビュー全文»
  • ヴァンパイアと人の心が読めるヒロイン。二人が出会ったことで、ロマンスが始まり、また、ミステリーも同時展開していく面白さに、速度がアップして読めました。
    普段は読まない類の本ですが、違うジャンルに飛び込んで読んでみるのも、いい刺激です。 viora11さんのレビュー全文»
  • 取り敢えず、続きが気になる。 seiseikyoさんのレビュー全文»
  • 「トワイライト」のロマンス小説版とも言えるかも。ラストにはコーンウェルのスカーペッタばりの大立ち回りまであります。 risanakaさんのレビュー全文»
  • あまりに即物的な「牙愛好者」たるグルーピーがいたり、スーキーがボス格のヴァンパイア、エリックに目をつけられたりと、ヴァンパイアとの恋はスリリングどころではない。
    細かく描写される日常、作り込まれた世界やミステリー仕立てのストーリーを楽しむうちに、最後まで一気に読み終えてしまった。 松果さんのレビュー全文»
  • 最初はちょっと飽きそうだなと思いましたが、中盤あたりからドキドキハラハラな展開で一気に最後まで読んでしまいました。 藤咲希沙さんのレビュー全文»
  • 多田由美さんのイラストも素敵ですよ♪この方の漫画も好きなので、私にとっては二度美味しい作品でした。 shunansさんのレビュー全文»

トゥルーブラッド シリーズの紹介

トゥルーブラッド1 闇夜の訪問者

トゥルーブラッド1
闇夜の訪問者

トゥルーブラッド2 歪んだ儀式

トゥルーブラッド2
歪んだ儀式

トゥルーブラッド3 囚われの想い人

トゥルーブラッド3
囚われの想い人

トゥルーブラッド4 奪われた記憶

トゥルーブラッド4
奪われた記憶

トゥルーブラッド5 暗闇の狙撃手

トゥルーブラッド5
暗闇の狙撃手

トゥルーブラッド6 女王との謁見

トゥルーブラッド6
女王との謁見

今後の刊行予定

  • トゥルーブラッド7  2011年3月
  • トゥルーブラッド8  2011年5月
  • トゥルーブラッド9  2011年10月
  • トゥルーブラッド10  2011年12月

「トゥルーブラッド」が好きな人はこんな本も読んでいます

トワイライト
「トワイライト」

ヴァンパイアと人間という禁断の恋におちたベラとエドワードの切なく甘い運命。全米500万部の究極のヴァンパイア・ロマンス。8月には日本でもAKB48の前田敦子ちゃんがキャンペーンキャラクターに就任したことでも話題に。

レビューを読む»
ザ・ホスト 全三巻
「ザ・ホスト」全三巻

『トワイライト』のステファニー・メイヤーが異種間の愛と絆を圧倒的な筆力で描くパラノーマル・ロマンス!首筋からとりつき人間の意識と体を乗っ取る知的生命体”ソウル”。体と心をめぐる奇妙な三角関係がはじまった!

レビューを読む»
ブクログ「ザ・ホスト」特集
シヴァ上
「シヴァ上」

17歳の高校生グレースと、ひとつ年上の狼人間のサム。不思議な絆で結ばれた二人の純愛を、詩情ゆたかに描くミステリアスなラブストーリー。

レビューを読む»
ブクログ「シヴァ」特集

ブクログでは、これからも様々な本を特集していきたいと思います。
今回の特集への感想や、この作家、マンガを特集してほしい!こんな企画に参加したい!というものがありましたら、
ぜひこちらのハッシュタグ(#booklog_special)でつぶやいて頂く、もしくは、ブクログ談話室にコメントしてください。

献本のおしらせは、お知らせブログや公式Twitterログピで行いますので、ぜひチェックしていてくださいね。

新規登録&ブクログの詳細はこちら

ブクログ特集一覧

特集・インタビュー
取材・コラム
おすすめ本
投票・ランキング