たゆたえども沈まず

  • 589人登録
  • 4.21評価
    • (11)
    • (18)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 原田マハ
a-featherさん 文芸   読み終わった 

原田マハさんの美術シリーズ
やはりこのタイプの小説が私は一番面白く、途中で読むのを止められない

ゴッホとテオの話は色々な文章で読んでいるが、
(どこまでがフィクションかは分からないけれど)若い日本人たちが深く関わっていたという事は知らなかった

天才ゆえに苦しんだ兄とそれを支えるために生きた弟
悲劇的な最期を迎え、生きているうちに一枚の絵も売れなかったというゴッホと後を追うようにこの世を去ったテオ

二人にしかわからない愛憎があっただろうが、素晴らしい作品を数多く残して生き抜いた二人。

あの独特の筆致、誰にも真似のできない絵画が今も世界中で愛されていることを天国できっと二人で喜んでいるのではないか。

そして改めて、鎖国であまりほかの国の影響を受けずに育んだ江戸文化の素晴らしさも再認識した

レビュー投稿日
2017年11月9日
読了日
2017年11月9日
本棚登録日
2017年11月9日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『たゆたえども沈まず』のレビューをもっとみる

『たゆたえども沈まず』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする