たゆたえども沈まず

  • 589人登録
  • 4.21評価
    • (11)
    • (18)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 原田マハ
aim1985さん  未設定  読み終わった 

原田マハ本領発揮の、美術をテーマとした長編。
ゴッホが日本の浮世絵を愛していたことから、日本人の画商2人と、ゴッホの兄にして画商・テオと、そしてゴッホの絆を描いたストーリー。
『さよならソルシエ』読んでいたから、だいたいの空気感がわかるのが良かった。

今やん百億円という値段がつく絵画が、なぜ当時はまったく売れなかったのか。
ただただ不思議。
でもゴッホにしたら、異国で自分が憧れる国の人と出会えたら、それはすごーく素敵な話だなあ。
なによりあのゴッホを、現地で日本人の友人が抱えていたかもしれないって、すごくロマンがある。

レビュー投稿日
2017年10月29日
読了日
2017年10月3日
本棚登録日
2017年10月11日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『たゆたえども沈まず』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする