1分でも早く帰りたい人のためのパソコン仕事術の教科書

  • 16人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中山真敬
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

パソコンに関する時短ワザについての本。
ショートカットキーについては結構知ってるほうと自負していたつもりだけど、知らないのも多かった(忘れてるだけかもしれないけど)。
Ctrl+Shift+Nで新規フォルダーの作成とか、ExcelでのF4キーで直前の操作を繰り返すとか。マウスでやってたけど、ショートカットキーがあるならそっちを使っていこうと思う。
後、Wordにも行番号表示機能があることを初めて知った。たいがいのエディタにはあるから、あっても不思議ではないのだけど、そういえば調べたことなかった。まあ、行番号が必要になったことがないからだけど、そういう機能があることは覚えておきたい。
メールについては、「引き続きよろしくお願いします」という表現は確かにいいなと思った。とりあえず「よろしくお願いします」でしめとけばいいやという感じになってしまっているので、使おうと思う。
ただ、いろいろ時短ワザが書いてあって納得できることも多かったのだけど、ビジネスメールのコツに『太字、下線などを使って目立たせる』というのは同意できない。時間がかかるし、ムダなだけだと思うのだけど(しかも、その後に書いてあったビジネスメールの全体の例は太字や下線使ってないし)。
それと、本題とは関係ないのだけど、「Bussiness(ビジネス)」の語源は「Busy(忙しい)」ということを初めて知った。というより、いわれるまで気づかなかった。話のネタになりそうなんで覚えておきたい。

レビュー投稿日
2017年8月14日
読了日
2017年8月14日
本棚登録日
2017年8月14日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『1分でも早く帰りたい人のためのパソコン仕...』のレビューをもっとみる

『1分でも早く帰りたい人のためのパソコン仕事術の教科書』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『1分でも早く帰りたい人のためのパソコン仕事術の教科書』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする