Javaのオブジェクト指向がゼッタイにわかる本

  • 111人登録
  • 3.78評価
    • (6)
    • (6)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 立山秀利
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

オブジェクト指向のクラス、カプセル化、継承、ポリモーフィズムについて書いた本。
正直、ポリモーフィズムとか概念は分かっても、意味が全くわからないので覚えられないのだけど、なんとか覚えたい。「これは、ポリモーフィズムを使うと便利だよ」とか言ってみたい(微妙に使い方が違うか)。
Webアプリケーションでこのところよく採用されているのはJavaと書いてあったのだけど、そうなのか? Javaで作ったWebアプリケーションとか滅多に聞かないのだけど。
ところで、6-3で、スーパークラスとサブクラスを表したベン図がでてきたのだけど、それが「サブクラス∈スーパークラス」となっていて、逆じゃないのかと思った。スーパークラスを拡張したのがサブクラスだし。

レビュー投稿日
2018年1月10日
読了日
2018年1月8日
本棚登録日
2018年1月10日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Javaのオブジェクト指向がゼッタイにわ...』のレビューをもっとみる

『Javaのオブジェクト指向がゼッタイにわかる本』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『Javaのオブジェクト指向がゼッタイにわかる本』にamano225さんがつけたタグ

立山秀利の作品一覧

立山秀利の作品ランキング・新刊情報

ツイートする