年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち

  • 384人登録
  • 3.21評価
    • (9)
    • (31)
    • (46)
    • (22)
    • (2)
  • 47レビュー
著者 : 伊藤邦生
amano225さん 図書館から借りた   読み終わった 

不動産投資を推奨している本。
なんだか株式投資とくらべてリスク高そうだし、この本読んでもその印象は変わらなかった(かなり勉強してからやらないと、一歩間違えると大損失しそうなイメージ)。
それにしても、20代後半の年収300万円の人が、妻子持ちなのに貯金1000万円もあるという状況にどうやってなれたのかよく分からない。自分は実家ぐらしで、趣味も少ないからあまりお金使わないほうだと思うのだけど、貯金は500万円もない。年間いくらぐらいの出費で生活してるんだろう。
それにしても、この著者は何のためにお金を貯めようと思うのだろう。仕事で稼いでるお金のほとんどは大家さんや居酒屋、スーパー、衣料品店、自動車メーカー、電機メーカーなどのために使われ、自分のためのお金になっていないとまで書いてしまってるけど、いや、そこで使った分の価値は自分に返ってきてるだろうと。

レビュー投稿日
2016年3月26日
読了日
2016年3月24日
本棚登録日
2016年3月26日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『年収1000万円の貧乏人 年収300万円...』のレビューをもっとみる

『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』にamano225さんがつけたタグ

ツイートする