「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー(SIBAA BOOKS) (シバブックス)

  • 9人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中野真作
ankoronekoさん  未設定  読み終わった 

非二元(ノンデュアリティ)の本ですが、特徴的なのがこの著者は非二元者ではなく非二元に近づいている途中であるという点。

そういう意味では意識変化のプロセスがリアルでわかりやすいです。

「『私』はいない」「行為はあっても行為する人はいない」という言葉は、一歩間違えると人生そのものを投げ捨てるような諦めに近いニヒリズムにおちいりやすいがそうではないことを明確に述べている。

悟りのプロセスのなかでひどい腰痛になり「身体」そのものに意識が向くまでに何十年もかかっています。

心に目を向けるほどに身体から離れていく人って結構多い気がします。

「私」という個から離れる為にはむしろ身体としっかりと向き合うことが一番大事な事なんじゃないかなと私は思っています。

色々と考えさせられたり気づかされる内容が多くて読み応えがありました。

面白かったです。

レビュー投稿日
2016年9月3日
読了日
2016年9月3日
本棚登録日
2016年9月3日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる...』のレビューをもっとみる

『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー(SIBAA BOOKS) (シバブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする