いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

  • 235人登録
  • 3.81評価
    • (20)
    • (14)
    • (12)
    • (6)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 大崎善生
akoさん  未設定  読み終わった 

事件については簡単にしか知らなくても衝撃的だったし、どうしてこのような顛末になったのかが知りたくて手に取った。レポート本にしては内容は濃密。著者の筆力故か、まるで事件現場に立ち会ったようなリアルな描写と被害者感情、そして直前まで普通に生きた女性の人間らしさ、犯人達の短絡さ屑加減に、調書やインタビューやSNSなどから丁寧に取材して書いたんだろうなという事は分かった。この犯人たち相手では生き残ることは無理だったのかもしれないが、その絶望感の中で清く尊厳を守り切ったこの被害者はすごいとしか言いようがなかった。続いていただろう輝かしい未来を思うと、運命の不条理に心が痛む。涙なしでは読めなかった

レビュー投稿日
2017年3月3日
読了日
2017年3月3日
本棚登録日
2017年3月3日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』のレビューをもっとみる

『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする