連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)

  • 3078人登録
  • 3.62評価
    • (222)
    • (553)
    • (455)
    • (108)
    • (21)
  • 548レビュー
著者 : 中山七里
be-sanさん サスペンス   読み終わった 

表紙が可愛いから買ったのに...
すっげ〜こえ〜(> <;

ほっこりさせといていきなり落とす、
思わず顔をしかめる程リアルな負の描写、
どんでん返しに次ぐどんでん返し、
もう本当に「息つく間も無く」読ませる。

エンタテインメントとして
高いレベルで完成されていながら、
根底を貫く「重く大きなテーマ」。

そのために、読んでる間も読後も
読者に「不安な気持ち」を抱かせ続ける。
やはり「救いが無い」(> <;

が、オチは救いが無いが、作中では
それを覆す(可能性のある)ヒントを
散りばめてくれている。

市井のものとしては、そこを信じて、
それにすがって生きるしかない、と言うか(^ ^;
それでも「アレ」のおかげで...
やはり「救いがない」(> <;

こんだけ救いのない読後感なのに、
この作者の他の作品を読みたくなるのは、
なぜだ(^ ^;

これが「筆力」というものか(^ ^;

レビュー投稿日
2012年6月29日
読了日
2012年6月28日
本棚登録日
2012年6月25日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)』のレビューをもっとみる

『連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする