夜の淵をひと廻り

  • 59人登録
  • 3.04評価
    • (3)
    • (5)
    • (10)
    • (2)
    • (4)
  • 16レビュー
著者 : 真藤順丈
ヨルさん 小説(日本)   読み終わった 

巡査が主人公のミステリ。巡査ってだいたいモブで、主人公になっているものは少ないように思う。その勤務内容から想像してしまうような「落とし物からはじまるちょっとした謎と、町の人々のきずなを感じるハートウォーミングなストーリー」では・・ない。主人公シド巡査は担当区域山王寺を愛している。それはほぼ狂気に近く、住民からストーカー扱いされている。そんな彼だからこそ住人の変化や小さな違和感に気付けるのだ。シド巡査が出会う「街の意思」がなんなのかちょっとつかみきれず、SFのような話でもあった。

レビュー投稿日
2017年3月7日
読了日
2017年3月7日
本棚登録日
2017年3月7日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜の淵をひと廻り』のレビューをもっとみる

『夜の淵をひと廻り』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする