慈雨

  • 615人登録
  • 3.76評価
    • (48)
    • (100)
    • (89)
    • (9)
    • (0)
  • 111レビュー
著者 : 柚月裕子
ひとしさん  未設定  読み終わった 

 柚月裕子、ハズさないなあ。冤罪が大きなテーマになっているのだが、実際は男たちの心の葛藤や人としての生き方に比重が置かれていて、それが実に見事に描かれている。
 刑事を退職しても、16年前の事件に縛られながら妻とお遍路を回る男、神場。そんな神場の元に元部下で娘の彼氏である刑事の緒方から電話が入る。今回起きた事件に対するアドバイスがほしいという。今回起きた事件は、神場の呪縛となっている16年前の事件に酷似していた。
 16年前の事件とは、神場が担当した事件で、犯人を捕まえたのだが、後に冤罪ではなかったかと疑問に感じている事件であった。
 今回起きた事件が解決に向かうにつれ、必然的に過去の事件が浮き彫りにされてしまう。その時神場が下した決断とは。
 男たちの生きざまに心打たれる作品です。

レビュー投稿日
2016年11月10日
読了日
2016年11月10日
本棚登録日
2016年10月9日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『慈雨』のレビューをもっとみる

『慈雨』のレビューへのコメント

chie0305さん (2017年9月19日)

柚月さん、読むの2冊目だったんですが、1冊目が合わなくて(確か、臨床心理)もう読むことないだろうな、って。ひとしさんのレビュー見て、面白いかも?と思い予約入れてました。泣けましたね~。実際こんな刑事ばかりだったら、本人も家族も大変でしょうが…。読めて良かった!

chie0305さん (2017年9月19日)

「慈雨」の☆4評価(実質4.5)はご存知のように(?)私にしてはかなりの高評価です。感謝。垣根さんが2勝3敗中で…。心が揺れてます(笑)

chie0305さん (2017年9月19日)

勝→ワイルドソウル、君たちに明日はないシリーズ
負→人生教習所、月は怒らない(挫折)、真夏の島に咲く花は(挫折)
精神状態悪かったからかも?

chie0305さん (2017年9月20日)

ひとしさんて…いい人ですね。何だか励まされちゃいました。ありがとうございます。これからもよろしくです。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする