シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2493人登録
  • 4.00評価
    • (442)
    • (325)
    • (414)
    • (12)
    • (1)
  • 347レビュー
著者 : 宮崎駿
ゆーやさん 絵本   読み終わった 

2015年5冊目。

チベットの民話が元になっている物語で、宮崎駿がアニメーション化することを夢見ていたという作品。
絵は「風の谷のナウシカ」にそっくり。
「もののけ姫」で大好きなヤックルがこの作品に出ていたと知り驚き。
飢えに苦しむ王国を救うべく「金色の種」を求めて西へと旅立つシュナ。
旅の道程で人食いや人の売り買いという負の世界を知る。
「金色の種」が実る地に辿り着き、その種がどのようにできるかという現実を知りつつも手にしたシュナの心境はどんなものだっただろうか。
短いながらも「食べる・生きる」というテーマに迫る良い作品だった。

レビュー投稿日
2015年1月7日
読了日
2015年1月7日
本棚登録日
2015年1月7日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐0...』のレビューをもっとみる

『シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする