資本論 1 (岩波文庫 白 125-1)

  • 627人登録
  • 3.53評価
    • (29)
    • (18)
    • (61)
    • (6)
    • (4)
  • 37レビュー
著者 : マルクス
制作 : エンゲルス  向坂 逸郎 
シップさん 教養系読み物   読み終わった 

価値には交換価値と使用価値が存在する。
交換価値は労働時間で表される。
交換価値が同一のものが交換される。
交換価値を表す物差しになるのが貨幣。
貨幣は貴金属、特に金。
流通の中では剰余価値は生まれない。
労働者は自由を失わない範囲で自分を売る。
貨幣所有者は、労働者に前貸しで労働を買う。

レビュー投稿日
2015年10月19日
読了日
2015年10月19日
本棚登録日
2015年10月19日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『資本論 1 (岩波文庫 白 125-1)』のレビューをもっとみる

『資本論 1 (岩波文庫 白 125-1)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする