日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)

  • 483人登録
  • 3.74評価
    • (32)
    • (38)
    • (63)
    • (2)
    • (0)
  • 55レビュー
制作 : Isabella L. Bird  高梨 健吉 
NPO法人 元気・まちネットさん イザベラ・バード   読み終わった 

明治11年(1878年)と言えば、明治の元勲と言われた大久保利通が紀尾井坂で暗殺されるがこの年、城山三郎著の「落日燃ゆ」のモデルになった広田弘毅(後に内閣総理大臣)が生まれた年でもあった。

イギリス人女性探検家:イザベラ・バードは18歳の通訳伊藤青年を伴い、6月10日東京を出発、日光~会津~新潟中条を経て山形小国に入り、米沢~赤湯~上山~山形~新庄~金山を抜け、秋田・青森・函館から船に乗って9月17日横浜に着く。
全行程1600km、約3ヶ月の北国の旅だった。

ゴム製の浴槽、旅行用寝台、折りたたみ椅子、空気枕、英和辞典などを携えて、徒歩+馬に乗っての旅だったと「日本奥地紀行」に記されている。

彼女は蚤や蚊に悩まされながらも”本当の日本”を求めて旅をし、小国の宇津峠からみた置賜盆地(米沢平野)を眺め「・・・南に繁栄する米沢の町があり、北には湯治客の多い温泉街の赤湯があり、まさにエデンの園である・・・」としたためてある。

小国町から飯豊町を通った道(と言えるか)には、13もの峠がありさぞかし大変な旅であったであろう・・・
この13峠を地元の黒沢峠保存会の皆さんが長い年月を掛けて整備してくれていると聞く。
http://www8.plala.or.jp/kurosawa-touge/

今回は山形県と新潟県が接する米坂線:越後片貝駅から13峠を越え、赤湯温泉までの約100kmの行程を徒歩+MTB+車で旅してみる。
小国で山岳ガイドをしているYさんにサポートして貰いながら、「エデンの園」と感嘆した米沢平野を宇津峠の頂上から眺めてみたい。

レビュー投稿日
2011年5月30日
読了日
-
本棚登録日
2007年5月23日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)』のレビューをもっとみる

『日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする