季刊クラシックカメラ no.18―名機を楽しむためのカメラ情報誌 特集:ローライ (双葉社スーパームック)

  • 4人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 田中長徳
Takahiro Okumuraさん 書籍:暮らし   読み終わった 

渡部先生の文と写真のところを読んで、時間の流れとその中でも変わらないものを感じた。

先生のカラー写真ってそういえば見てないかも。
そう気づいてから、先生のモノクロ写真を思い出しつつ、カラー写真との比較がわたしの中で始まった。

カラーとモノクロは全然違う。
カラーが “Days” なら、モノクロは “Life”。
ある写真展のタイトルに由来する言葉だが、しっくりくる写真が多いこと多いこと。

しかし、全然違うといっても、写真における最大のパーツは写真家なわけで、そこは変わらない。
色彩に依らない「その人」特有の切り口には、「作風」とか「雰囲気」とか、風だ気だの目には見えない何かが込められている。
写真家の「目」を知るには、カラーとモノクロ両方を見比べるといいのかもしれない。

先生の写真を観ていて、そんな感想を得た。
あと二眼レフ良いね。

レビュー投稿日
2017年9月24日
読了日
2017年9月24日
本棚登録日
2017年9月24日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『季刊クラシックカメラ no.18―名機を...』のレビューをもっとみる

『季刊クラシックカメラ no.18―名機を楽しむためのカメラ情報誌 特集:ローライ (双葉社スーパームック)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする