死ねばいいのに

  • 4129人登録
  • 3.50評価
    • (238)
    • (606)
    • (581)
    • (170)
    • (45)
  • 753レビュー
著者 : 京極夏彦
hjrさん おすすめ   読み終わった 

久々の京極作品。

というか読書すること自体が極めて久しぶりで、どのくらいで読み終わるか検討つかずだったが、表紙を開いたとたん思い出した。
京極作品は、一気読みが基本だった、と。

人間対人間の会話が進んで行く過程で、人が通常隠し持っている感情がぼろぼろとはがれ落ち、明らかになって行くのが痛快。
結局人は自分視点でしか物事は見られない(あたりまえだが)。
そして、自分のことすら穿った目でしか見られないとも、作品を読み終わってから感じた。

苦手な人は苦手なタイプの読了感だと思う。
ただ、京極堂シリーズに比べたらかなり軽やかな飲み口に感じた。

何度か読み返したくなる作品。

レビュー投稿日
2011年1月1日
読了日
2010年12月26日
本棚登録日
2011年1月1日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『死ねばいいのに』のレビューをもっとみる

『死ねばいいのに』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする