ICU図書館の本棚/The Book Shelf of ICU Library

【新着ピックアップ】有名なオペラの原作を、スペイン語学習用に書き改めたもの。勉強に疲れたら、DVD(DVD/766/Op694/v.11)を観てリフレッシュを。

【Newly arrived】A Spanish reader based on the famous opera, Carmen. When tired from studying Spanish, Please refresh from fatigue to watch the opera on DVD (DVD/766/Op694/v.11).

2017年12月15日

【新着図書ピックアップ!】
最近はAIやロボットの開発が進み、それらがヒトを超えそれを制御する?映画や小説でなく現実としてそんな懸念もでてくるかもしれない。この本は、最近顕著となっている海外のロボット法研究や学問分野について紹介する。
【New Book!】
This book introduces overseas research on robot law which have become prominent recently.

2017年12月5日

【新着図書ピックアップ!】この本は英語のAdvanced Readersの為に書かれたものですが、そうでない人にもお勧めです。英訳とは、コンテキストによる解釈に始まり、新聞、雑誌、評論、戯曲、小説を読む具体例を交え解説しています。筆者も言っている通り最後まで読むのは相当の忍耐を要しますが、完読した暁には一皮むけた英文の読み手となること請け合いです。
[New Book!] This book was written for English Advanced Readers, but it is also recommended for those who do not. English translation is an interpretation based on the context and explains a concrete example to read newspapers, magazines, critiques, play, novels. As I also say, reading it to the end requires considerable patience, but I guarantee that as a reader I will become a reader of a full-fledged English sentence.

2017年12月4日

【新着図書ピックアップ!】「教育のワールドカップ」とも呼ばれるPISAで高得点をあげる国々を、イギリス人教育研究者が2年をかけて旅してまわり、各国の教育を実地調査した。フィンランド、日本、中国(上海)、カナダ。欧米人である旅人の視点と、統計に基づいた確かな分析力が光る!
[New Book!]The English title is ”CLEVERLANDS : The secrets behind the success of the world's education superpowers”. A British researcher traveled to Finland, Japan, China and Canada to do research. This book is highly recommended for everyone who are interested in education and in cultural differences.

2017年12月4日

【新着図書ピックアップ!】中学生は全員なにか、部活動に入らなくてはいけないものと思い込んでた。
3年間続けてたら、高校受験の内申や推薦にも良いし…。
だけど部活動って、「強制」じゃなくて「自主的な活動」だったんだ!
いま「部活がしんどい」と言う声が、生徒からだけでなく先生からもあがっている。顧問てボランティアだったんだね。
これから教職を目指してる方!必見です。

2017年11月22日

【新着図書ピックアップ!】ヒロイン。少女から大人の女性まで、誰もが憧れる女主人公。レイア姫、アナとエルザ、おおかみこどもの花と雪、千と千尋、逃げ恥のみくり、ナウシカなどなど。本書は、創作物に登場するヒロインの生き様をわたしたち共通の文化として捉える試みがなされている。ただし、紹介されている作品を未見・未読のお方は注意されたし。

【New Book!】This book traces the history of fictional heroines in recent 30 years by examining their lifestyles.
I highly recommend this book for anyone interested in literature, sociology, cultural and gender studies.

2017年11月21日

ルターと賛美歌
リタ―は礼拝に会衆賛美をはじめて導入した。ルター研究の碩学が讃美歌から捉えたルターについて論じた書。
Luther introduced congregation praise to worship for the first time. This title mentioned that Luther's research caught from hymns.

2017年11月18日

非正規職の問題の中で見過ごされてきたシングル女性の貧困についてとりあげた本。当事者たちへの調査から見えてきた実態。

「月22日出勤でも10万程度」
「社員と同じ仕事をしているのに交通費もボーナスも昇給も研修機会もない」
「派遣法改正で3年後どうなるか不安」
「冠婚葬祭のお金も出せない」
「親が死んで年金がなくなったら暮らしていけない」…

シングル女性だけではないワーキングプア問題。少なくない割合の労働者が生活保護支援を考慮すべきゾーンにいる。この国の将来について深く憂慮しないではいられない。

2017年11月13日

【新着図書ピックアップ!】
外国の方に「プリフェクチュアオフィスマエステーションはどこですか?」と聞かれて、どうですか?
実はこれ、実在するとある鉄道の駅の看板。「県庁前駅」の下に「Pref. Office-Mae Sta.」と書かれているのです。日本人には、ちょっとわかりにくいですよね。著者曰く、「もはやルー大柴」。

「正しい英語が使われているのか?」「ピクトグラムがただの挿絵になっていないか?」この本は、日本人、外国人問わず、誰にでもわかりやすく、意思疎通が可能な公共サイン作りを提案しています。国内外の実際の公共サインの画像も豊富で、ある意味「おもしろ画像集」の感覚で楽しめます。公共サインを見る目が変わりますよ。

【New Book!】
Imagine that a tourist asked you, "Where is the prefecture mae station?" Do you understand what he said?
Actually, this is the public sign of a station. "Pref. Office-Mae Sta." is the translation of "県庁前駅." The author says, "That's like Lou-Oshiba (Japanese actor, comedian)."

The author proposes that we have to make easy understanding public signs for everyone. Since this book includes a lot of image of the "strange" public signs, you can enjoy it as if it's "funny image collection."

2017年11月6日

【新着紹介】赤道付近に散らばる33の島々から成る共和国、それがキリバスです。飛行機がやって来るのは週に2回だけ。でも、世界で一番早く日付が変わる国、一番早く太陽が昇る国です。そんな、太平洋ど真ん中のサンシャインパラダイスであるキリバスのガイドブック。写真も満載です。

【Newly Arrived】Kiribati is a sovereign state in the central Pacific Ocean, which is composed of 33 islands. There are only two flights to Kiribati a week. However, this sunshine paradise greets the earliest morning in the world every day. This guidebook is for the Heaven of Kiribati with photos full.

2017年11月2日

【新着図書ピックアップ!】これ、読みたかったの!!

存在は知ってたけどさぁ、まさか図書館に寄贈されるなんて! それも、なんと、あの、岡本太郎記念館様から!!

これって戦後すぐの1948年の刊行で、日本で出版された太郎の画集としては”初”! 滞仏時代の作品(の再製作。戦災で燃えちゃってるからネ)や、花田清輝らとの「夜の会」時代の作品が見られます。
しかも、”画文集”ってあるように、絵画作品やデッサンだけじゃなく、太郎のアヴァンギャルド論や対極主義論、詩作品やらも合わせて掲載っ!(てか、こっちの方が圧倒的に多いし...)

岡本太郎ズキのみなさ~ん。ぜひ、ぜひ、一度手にとって、若き太郎をお楽しみくださ~い!!

こちらもネ!
●岡本太郎記念館(東京都港区南青山)
http://www.taro-okamoto.or.jp/

●川崎市岡本太郎美術館(神奈川県川崎市多摩区)
http://www.taromuseum.jp/

[New Book!] I wanted to read it badly!
I've known the existence of this book, but I couldn't
imagine that it would be donated to the library.
On top of that, it was donated by Taro Okamoto
Memoriam Museum!!
This book was published in 1948, just three years
after the end of the war. And it's Taro's first
collection book of paintings issued in Japan.
As the words "paintings and writings" in the title,
there's not only paintings but his writings about
avant-garde arts and his Taikyoku-shugi (principle
of polar opposites). And moreover, there are his
poetries in this book!

Everyone who loves Taro, please pick up the book
and enjoy young Taro Okamoto!!

●Taro Okamoto Memorial Museum
(Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo)
http://www.taro-okamoto.or.jp/en/

●Taro Okamoto Museum of Art
(Tama-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa)
http://www.taromuseum.jp/english/index_english.html

2017年10月24日

【新着図書ピックアップ!】 
最近はビッグデータが注目されているが、データに関する学問についての枠組みの明確化、様々な分野でのデータや学問の調査、政策や実践などについての側面から論じる。   【New Book!】ICU Library has its original edition “Big data, little data, no data : scholarship in the networked world / Christine L. Borgman call no. 007.5/B65

2017年10月23日

【新着図書ピックアップ!】従来のマシン(機械)は、科学者や技術者などの開発者がその原理や仕組みを理解していた。トラブル時には専門家が対処することによって、長期的にはマシンを人間の制御下に置くことができた。一方AI技術の場合、一般ユーザーだけでなく専門家もその内部メカニズムや思考回路を把握しきれないという。車、医療、兵器で活躍するAIの中身が見えない。それは暴走の危険性をはらみ、私たちの命をおびやかす!
[New Book!]The author points the risk of AI in the field of medicine, automobiles and weapons. This book is highly recommended.

2017年10月23日

【新着図書ピックアップ!】オペラの未来は、まずオペラを知ることから始めます。この本はあらゆる角度からオペラを解説しています。
【New Book!】The future of opera starts with knowing about opera. This book explains the opera from all
angles.

2017年10月20日

【新着図書ピックアップ!】「そう、今そこにある謎を、今そこにある『知りたい!』を探求する、その喜びと幸せを共有することが、本書の一番の目的である。」p.7 ドーナツの穴研究委員会!が2年を費やしたドーナツの穴の研究、ドーナトロジー(doughnutology)の本です。
物質文化論、言語学、哲学、数学、コミュニケーション学... いろいろな視点から楽しめます。
1852年のレシピもあります。

2017年10月10日

神の和の神学へ向けて
聖書が証言する神を、日本的な思考をとおして表現し、告白しようと試みる書。日本人による新たな神学への冒険の書。
This title that expresses the god testified by the Bible through Japanese of thinking and attempts to confess. This book is the adventure to the new theology by Japanese.

2017年10月10日

この本は、現代の日本におけるキリスト教を現代日本文化のなかにさがすという視点をもっている。この本は、キリスト教の雑誌「福音と世界」に連載されたものが、元になっている。そのため、サブタイトルに、福音の文字がみえる。「死神くん」「聖おにいさん」「1Q84]、映画など、現在のポップカルチャーを取り上げている。

2017年10月7日

【新着図書ピックアップ!】大学に入学して興味のアンテナを方々に伸ばすとき、読んでみたいのがこの本だ。高校生向け講座に登壇した講師が、ICUで一般教育科目において取り上げられるようなテーマで自分の学びについて語っている。知識を身につけ、自分の「教養」としていくための入り口にいる人に読んでもらいたい。これは文系向けだけれど、理系向けの「科学の最前線を歩く」もおススメ。
[New Book!] You will find this book interesting when you're searching something drives eager to do at the university.

2017年10月6日

トウガラシが世界各地にどのように受容されてきたかを知ることができます。朝鮮半島への広まりは18世紀遅くと、日本(17世紀末)より遅いのが意外。日本ではシシトウ・万願寺など甘みの強い品種が好まれたのは魚介類をメインとする食文化が影響したことが示唆されている。あと薬や武器(!)としても使われているのだとか。

2017年9月25日

【新着ピックアップ】2010東京オリンピックに採用されて、人気上昇中のスポーツクライミング。とはいえ、普及はこれからです。今からでも遅くないっ。目指せ、初の金メダル!

【Newly Arrived】Sport climbing will make its Olympic debut at the 2020 Tokyo Games. However, the players are not many yet. Anyone is a favorite for the gold medal now. Aim at the first climber to win it!

2017年9月22日

【新着図書ピックアップ!】
「パーントゥ」をご存じだろうか。私は本書に掲載されている「パーントゥ」の写真を見るなり、怖すぎて危うく本を投げ出すところだった。
では「蘇民祭」はどうだろうか。これも写真を見るなり、パーントゥとは別の意味で本を投げ出しかけた。
パーントゥは宮古島の、蘇民祭は岩手の祭りである。日本には数多くの祭りが存在する。そしてそれらの中には、見慣れぬ人には奇妙に映る「奇祭」も少なくない。
「ケ」、すなわち平凡な日常に退屈したら読んでほしい。読むだけでその日は「ハレ」の日になる。

【New book!】
Do you ever heard of "Pantu"? When I saw the photograph of that, I felt so scared and almost threw the book.
No? Then, how about "Somin-sai." When I saw the photograph of that, I almost threw the book for other reason.
"Pantu" is the festival in Miyako, and "Somin-sai" is also the festival in Iwate. There are a lot of festivals in Japan. And some of them seem so strange for strangers.
If you are feeling bored in your daily life (=ケ ke), why don't you read this book? While you read the book, you may feel ハレ (Hare=sacred).

2017年9月14日

【新着図書ピックアップ!】
神経科学者である著者が、症例やデータをもとに心と脳に関する哲学的な理論について考察する。理解するためにも、じっくりゆっくり考えながら読んでみたい。
【New Book!】Original title: Neuro-philosophy and the Healthy Mind: Learning from the Unwell Brain

2017年9月11日

【新着図書ピックアップ!】来年は明治維新から150年。幕末維新の古文書を、読みやすい写真版と釈文と読み下し文と解説で掲載。各古文書の扉にあたる解説を通読するだけでも理解が深まる。モノクロの写真を眺めていると、美しい字体にうっとり。

2017年9月8日

【新着図書ピックアップ!】あなたの好きな飲物は? ビール、ワイン、ウィスキー、コーヒー、お茶、それともコーラ。私はやっぱり日本茶かな。いやポットで入れたアッサムティーもいいですね。普段何気なく口にしている飲物にも深い歴史がありました。この本を読んだ後で口に含むと、その一杯がより豊潤に感じられ、そして違う味がするかもしれません。
[New Book!] What's your favorite drink? Beer, wine, whiskey, coffee, tea, or cola? In my case, it is Japanese tea. Nah, Assam tea is also lovely. Each these casual drinks had a deep history. After reading this book, if you drink it again, the drink may feel richer and may have a different taste. I recommend this book for you who need a break.

2017年9月8日

【新着図書ピックアップ!】
「和の食」全史 : 縄文から現代まで長寿国・日本の恵み
1万年以上に及ぶ食の変遷史。日本の食生活の原点が気軽に紹介されている書。私たちの日々の食について考えるきっかけにもなり得る良書。
History of food change over 10,000 years. A book in which the origin of Japanese dietary life is being introduced casually. This title can also give you a chance to think about our daily diet.

2017年8月29日

ツイートする