ICU図書館の本棚/The Book Shelf of ICU Library

【新着図書ピックアップ!】「そう、今そこにある謎を、今そこにある『知りたい!』を探求する、その喜びと幸せを共有することが、本書の一番の目的である。」p.7 ドーナツの穴研究委員会!が2年を費やしたドーナツの穴の研究、ドーナトロジー(doughnutology)の本です。
物質文化論、言語学、哲学、数学、コミュニケーション学... いろいろな視点から楽しめます。
1852年のレシピもあります。

2017年10月10日

神の和の神学へ向けて
聖書が証言する神を、日本的な思考をとおして表現し、告白しようと試みる書。日本人による新たな神学への冒険の書。
This title that expresses the god testified by the Bible through Japanese of thinking and attempts to confess. This book is the adventure to the new theology by Japanese.

2017年10月10日

この本は、現代の日本におけるキリスト教を現代日本文化のなかにさがすという視点をもっている。この本は、キリスト教の雑誌「福音と世界」に連載されたものが、元になっている。そのため、サブタイトルに、福音の文字がみえる。「死神くん」「聖おにいさん」「1Q84]、映画など、現在のポップカルチャーを取り上げている。

2017年10月7日

【新着図書ピックアップ!】大学に入学して興味のアンテナを方々に伸ばすとき、読んでみたいのがこの本だ。高校生向け講座に登壇した講師が、ICUで一般教育科目において取り上げられるようなテーマで自分の学びについて語っている。知識を身につけ、自分の「教養」としていくための入り口にいる人に読んでもらいたい。これは文系向けだけれど、理系向けの「科学の最前線を歩く」もおススメ。
[New Book!] You will find this book interesting when you're searching something drives eager to do at the university.

2017年10月6日

トウガラシが世界各地にどのように受容されてきたかを知ることができます。朝鮮半島への広まりは18世紀遅くと、日本(17世紀末)より遅いのが意外。日本ではシシトウ・万願寺など甘みの強い品種が好まれたのは魚介類をメインとする食文化が影響したことが示唆されている。あと薬や武器(!)としても使われているのだとか。

2017年9月25日

【新着ピックアップ】2010東京オリンピックに採用されて、人気上昇中のスポーツクライミング。とはいえ、普及はこれからです。今からでも遅くないっ。目指せ、初の金メダル!

【Newly Arrived】Sport climbing will make its Olympic debut at the 2020 Tokyo Games. However, the players are not many yet. Anyone is a favorite for the gold medal now. Aim at the first climber to win it!

2017年9月22日

【新着図書ピックアップ!】
「パーントゥ」をご存じだろうか。私は本書に掲載されている「パーントゥ」の写真を見るなり、怖すぎて危うく本を投げ出すところだった。
では「蘇民祭」はどうだろうか。これも写真を見るなり、パーントゥとは別の意味で本を投げ出しかけた。
パーントゥは宮古島の、蘇民祭は岩手の祭りである。日本には数多くの祭りが存在する。そしてそれらの中には、見慣れぬ人には奇妙に映る「奇祭」も少なくない。
「ケ」、すなわち平凡な日常に退屈したら読んでほしい。読むだけでその日は「ハレ」の日になる。

【New book!】
Do you ever heard of "Pantu"? When I saw the photograph of that, I felt so scared and almost threw the book.
No? Then, how about "Somin-sai." When I saw the photograph of that, I almost threw the book for other reason.
"Pantu" is the festival in Miyako, and "Somin-sai" is also the festival in Iwate. There are a lot of festivals in Japan. And some of them seem so strange for strangers.
If you are feeling bored in your daily life (=ケ ke), why don't you read this book? While you read the book, you may feel ハレ (Hare=sacred).

2017年9月14日

【新着図書ピックアップ!】
神経科学者である著者が、症例やデータをもとに心と脳に関する哲学的な理論について考察する。理解するためにも、じっくりゆっくり考えながら読んでみたい。
【New Book!】Original title: Neuro-philosophy and the Healthy Mind: Learning from the Unwell Brain

2017年9月11日

【新着図書ピックアップ!】来年は明治維新から150年。幕末維新の古文書を、読みやすい写真版と釈文と読み下し文と解説で掲載。各古文書の扉にあたる解説を通読するだけでも理解が深まる。モノクロの写真を眺めていると、美しい字体にうっとり。

2017年9月8日

【新着図書ピックアップ!】あなたの好きな飲物は? ビール、ワイン、ウィスキー、コーヒー、お茶、それともコーラ。私はやっぱり日本茶かな。いやポットで入れたアッサムティーもいいですね。普段何気なく口にしている飲物にも深い歴史がありました。この本を読んだ後で口に含むと、その一杯がより豊潤に感じられ、そして違う味がするかもしれません。
[New Book!] What's your favorite drink? Beer, wine, whiskey, coffee, tea, or cola? In my case, it is Japanese tea. Nah, Assam tea is also lovely. Each these casual drinks had a deep history. After reading this book, if you drink it again, the drink may feel richer and may have a different taste. I recommend this book for you who need a break.

2017年9月8日

【新着図書ピックアップ!】
「和の食」全史 : 縄文から現代まで長寿国・日本の恵み
1万年以上に及ぶ食の変遷史。日本の食生活の原点が気軽に紹介されている書。私たちの日々の食について考えるきっかけにもなり得る良書。
History of food change over 10,000 years. A book in which the origin of Japanese dietary life is being introduced casually. This title can also give you a chance to think about our daily diet.

2017年8月29日

【新着図書ピックアップ!】“男らしさ”というと、昭和生まれと平成生まれで思い浮かべるイメージが異なるようだ。もちろんそれは日本に限ったことでなく、アメリカにおいておや。著者は、殊に思春期文学といわれるジャンルで「男らしさ」について1900年代から2000-10年代の作品の登場人物を取り上げて分析している。オズのブリキ男、ハックルベリー=フィン、ライ麦畑のホールデンに始まり、ゲイの少年や自閉症の子、アスペルガーなどのマイノリティの少年が登場する近年の作品までが紹介されている。ジェンダー文学、児童文学に興味のあるアナタ、おススメです。
【New Book!】This book is the focused American Children's and Young Adult Literature.Highly recommended for anyone interested in gender and literature.

2017年8月28日

【新着図書ピックアップ!】ロリータ、ガングロメイク、ドラァグクイーン、コスプレ……聞き覚えがありますよね。独自性のあるファッションスタイルですが、認知度が高く、言葉として一般に広まるほどの力を持っています。人はなぜこのような装いに魅かれるのか、その背景はどのようなものなのか。そもそも外見を整えることの意味とは?生活に身近なファッションという題材を、時代や国、性など様々な視点から分析し、社会学的思考にアプローチする一冊です。

2017年8月28日

【新着図書ピックアップ!】これからの読書の秋・食欲の秋にピッタリですね。昔は太るという言葉は良い意味で使われていたのに、真逆の意味になった理由や肥満について進化生物学の観点から述べられています。新しい発見や健康でいるためのヒントがたくさん詰まっていて、読み終わったら誰かに教えたくなる1冊です。

2017年8月28日

日本で、飛行機のパイロットが一番いた時代は、1940年代の戦争のときだろう。第二次世界大戦は、戦艦大和や武蔵という巨艦が建造されたが、その巨艦たちも、小さな飛行機の群れによって、撃沈された。この本は、1914年より1945年までの戦争の飛行機について解説している。ICUは、日本で一番飛行機を作成した中島飛行機の研究所の跡地に作られている。

2017年8月28日

【新着図書ピックアップ!】
ドラえもんだけでは成り立たない。のび太がいるからこそ物語が創造される。
現実の世界でも、2人組はとんでもない創造力を発揮する。スティーブ・ジョブスとスティーブ・ウォズニアック、ジョン・レノンとポール・マッカートニーといった共に著名なペアもいれば、プロゴルファーとキャディーのように、片方だけが目立つが、実は陰にいるもう一人が重要な役割を果たしているペアもいる。
著者はそんなペアの研究を通じて、創造性にとって人間関係がいかに影響を及ぼすかを説く。たくさんのペアが紹介されており、彼らのエピソード集としても楽しめる一冊。

【New book!】
Only Doraemon? It's boring. The story isn't created without Nobita.
Pairs generate creativity in the real world, too. Steve Jobs and Steve Wozniak. John Lennon and Paul McCartney. Both of the Pairs are famous. On the other hand, like pro golf player and his/her caddie, there are pairs which the one person is so famous but the another is not, though he/she plays an important role.
The author says that the relationship influences on the creativity in this book. He also introduces a lot of “pairs,” so you can enjoy their episode, too.

2017年8月3日

【新着ピックアップ】正岡子規といえば柿とヘチマ。柿は法隆寺ですね。ヘチマは子規の命日である9月19日の「糸瓜忌」に名を残しています。ヘチマを詠んだ三句が辞世の句となったのでした。もちろん、この本にも出てきます。でも、なぜ糸瓜をヘチマと読むのか、その説明はありません。(当たり前か)

【Newly arrived!】Masaoka Shiki was a haiku master of the Meiji era. The most famous work is “biting into a persimmon a bell resounds Horyu-ji” (kaki kueba kane ga naru nari horyuji). The three haiku poems of sponge gourds (hechima) on his last moment are also renowned. September 19 has been made “Hechika-ki” (Sponge-gourd Anniversary) to commemorate it.
(The translation of haiku is according to the website of the Shiki Museum)

2017年8月3日

【新着図書ピックアップ!】ドラマ教育をご存知ですか?シェイクスピアの国イギリスでは古くから国語教育に組み込まれ、なんと5歳からドラマを授業で活用することが義務付けられているそうです。単なる「コミュニケーション」を超えた、「生きる力」を育むアクティブラーニング、ドラマ教育。あなたが今、教師でなくてもインスパイアされること間違いなし。
[New Book!]The author says that drama in education is not just a communication tool, but it gives students energy to live. You will be inspired by it, even if you are not a teacher at the moment.

2017年7月18日

【新着図書ピックアップ!】
歌うカタツムリ?ローカルで地味な一歩一歩の積み重ねが、いつのまにかグローバルな見方につながる。自身の研究からサイエンスの歴史をたどる。

2017年7月15日

【新着図書ピックアップ!】今さらながらの図書館諸情報、楽しいアイデアが一杯です! 当館も載っていますよ!!!
[New Book!]  I recommend this book to you who is interesting in the library.

2017年7月13日

キリシタン時代とイエズス会教育
キリシタン時代、イエズス会の教育事業を独自の視点から紹介する。イエズス会教育の基本理念は、キリスト教的人文主義とスコラ学の総合であったが、それらを現地適応主義で対応した。当時のイエズス会教育を捉える好著といえる。
In the Christian era, introduce the educational project of the Jesuit from its own perspective. The basic philosophy of the Jesuit Education was the comprehension of Christian humanism and Scholasticism, but they responded with local adaptationism. It can be said that the Jesuit Education at that time is a good prognostic.

2017年6月26日

【新着図書ピックアップ!】“ハッキング”や“ハッカー”なんて、悪いイメージばかり。闇とか、犯罪とか。いや、そうではないと著者は言う。ソフトウェア開発の世界においては、「ハッキング」とは「創造する」ことだと。デジタル環境においては、ソフトウェア開発とマーケティング・マネージメントが密接に結びついており、「ハッキング」の精神は、イノベーションの源泉だと思えてくる。助かるのは、プログラミングの知識なんてなくとも読めるのだ、この本。
[New Book!]Highly recommend for anyone interested in digital marketing.

2017年6月26日

【新着図書ピックアップ!】お金はどこから来るの? 大金持ちのフェおばさんと3人の子供たちが、お茶を飲みアイスクリームを食べながら、金融や経済のお話をしています。
”Immer das Geld! : ein kleiner Wirtschaftsroman ”の翻訳書。
この著者は、ベストセラー『数の悪魔』(所蔵あり)の作者です。

2017年6月24日

評者の夢はいつか神保町の古いビルの屋上のペントハウスで暮らすこと。ほれ、『傷だらけの天使』とか『美味しんぼ』とかね。神保町に興味のない人には無価値、神保町を愛する人には必携。そんな本です。

2017年6月9日

【新着図書ピックアップ!】結婚をしてから、奥様の買い物に付き添い、女性物の洋服を扱うお店にいくことが多くなった。店員さんやお客さん同士の会話に耳を傾けると、あることに気が付く。やたら「カワイイ~!」って言う。むしろ、「カワイイ~!」だけで会話をしている。
本書は、そんなカワイイが一般化した時代を「ポスト<カワイイ>時代」と位置づけ、その時代の女性文化の現状を、ファッション、ゲーム、フェスなど、様々な視点から描いている。自らを知りたい全ての女子、女子を知りたい全ての男子におすすめ。

【New Book!】After marriage, I have often visited the apparel stores for women with my wife. One day, I listened to the chat between women there, and I realized. They say "Kawaii!" many times! Actually, they talk only using "Kawaii!"
"Post <Kawaii> period" is the period when the word "Kawaii" is common for the people around the world. This book says women's culture in that period from the viewpoint of fashion, video games, music festival, and so on. I recommend this book for all women who want to know yourself and all men who want to know women.

2017年6月9日

ツイートする