いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

  • 190人登録
  • 3.66評価
    • (4)
    • (31)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 大塚雄介
いとさん  未設定  読み終わった 

日本最大規模のビットコイン仮想通貨交換取引所コインチェックを運営する著者が、ビットコインの基本を説明した本。

2008年、「サトシ・ナカモト」を名乗る人物が論文によりビットコインを発表した。
開発者オープンコミュニティの中で「サトシ・ナカモト」が提唱したブロックチェーンの技術に興味をもった特定の仲間内だけで楽しんでいただけだったが、ある日、ピザをビットコインで買ってみたいと思ったアメリカ人が実際にピザ2枚を1万BTCで購入したことが、最初の現実世界との取引となり、以降発展を続けている。

ビットコインは、仮想通貨としての一面だけを認識している人が多く、バーチャルなもので仮想の世界を抜けきれず、イメージもつきにくく、資産運用やお金の話が苦手な日本人には、まだ馴染みが薄い。

ビットコインは、ブロックチェーンという新技術により生まれた「仮想通貨」であり、電子データで表される「デジタル通貨」であり、高度な暗号セキュリティに守られた「暗号通貨」であり、特定の国に属さない「国際通貨」であり、分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」であり、かなり複雑な特徴をもっている。

一番馴染みやすく、メリットが感じられる使い方は、国際通貨としての一面かと思う。海外に送金するとき、かなりの手数料が発生し、実際に送金した金額と受け手が受けとる金額はかなりの差があり、ドルを介さないと交換できない通貨もある。しかし、ビットコインであれば、手数料はほんのわずかで、あってないような手数料で世界各地に送金することができる。

また、もうひとつの馴染みやすいメリットといえば、スマホ等にインストールしたウォレットから入出することから、スマホを無くしてしまったら全部ビットコインが盗まれるということもなく、クラウド上に保存されたビットコインは盗まれることはない。最近のスマホは、指紋認証や遠隔地データ削除等の機能もあるので、財布に入れたお金やクレジットカードよりも安全に保持できる。

投資としてのビットコインの運用がほとんどではあるけど、今後、仮想通貨が便利なツールとして社会に受け入れられることは間違いないと思う。

ビットコインといえば、ブロックチェーンやマインニング、マイナーやフィンテック等、馴染みのない言葉があって、バーチャルなうえに取っ付きにくいとは思うが、知ろうと思って一度勉強してみれば、そんなに難しいものではない。今後、国際情勢が世の中の不安を煽れば煽るほど、世の中のお金が避難先としてビットコインを選ぶはず。
各国の為替相場から標的にならないとは言えないが、そうなるということは、それだけビットコインが世間に認められているということ。
これからの経済の一端を担う通貨として、投資の一環として、注目していこうと思った。

レビュー投稿日
2017年9月3日
読了日
2017年9月3日
本棚登録日
2017年9月3日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『いまさら聞けない ビットコインとブロック...』のレビューをもっとみる

『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする