読書状況 読み終わった [2017年8月18日]
カテゴリ 小説
読書状況 読みたい

読書状況 読み終わった [2017年7月26日]
カテゴリ その他

なんだかすごかった。すごいかったしかでてこない。

2017年7月25日

読書状況 読み終わった [2017年7月25日]
カテゴリ 小説
読書状況 読みたい

読書状況 読み終わった [2017年7月16日]
カテゴリ 小説

予期してなさすぎて衝撃だった。

いつまでも続いていたらよかったのに。

2017年7月14日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年7月14日]
カテゴリ 小説

メイン組が、割りとからりと、楽しく、一生懸命旅してるから、重くならないけど、何だかんだかかれてるものって重たいよなぁと。
容赦ない。
まさか展開だった。
がんばれとしか言えない。
頑張れシェーラひめ。
みんなにとってシェーラは救いだけど、シェーラにとっても二人は救いだろうなと思う。

2017年6月29日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年6月29日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2017年6月26日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2017年6月26日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2017年6月24日]
カテゴリ 小説

小学生の頃に大好きだった本。
文庫落ちしているとは知らず、本屋さんで見つけたときは、ほんとうにうれしすぎて、さけびそうだった。

覚えていたのは、ラジオのくだりと、フルート、歌姫。
あとなぜか、ハヤミさん男性だと思ってた(笑)
ほぼほぼ詳細は覚えておらず、ただただおもしろかったということだけが、記憶にありました。
読んでみると、ほんと、詳細がすっかり落ちていて、でもほんのかすかに、読むごとに、そうだったこうだったという気持ちもあり、そして、やっぱりおもしろかった。

なんというか、好き要素がてんこ盛りで、改めて読むと、影響を受けまくっていたようです。

後日談が、壮大すぎて、気になって仕方ない(笑)
続篇があるのかと思って探してしまいました。
難しいのかもしれないけど、こちらもひとつの本としてまとまってくれたら本当に嬉しい。

2017年6月24日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年6月24日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2017年6月24日]
カテゴリ 小説
読書状況 読みたい

読書状況 読み終わった [2017年6月17日]
カテゴリ 小説

安定のシリーズ。楽しく読めるという安心感があります。
そして、今回のはわりとつぼだったかも。

2017年6月16日

読書状況 読み終わった [2017年6月16日]
カテゴリ 小説

すごくきれいで、ものすごくこわかった。
見開きに圧倒される。
どうしたって日常の延長なんだ。

2017年6月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年6月12日]
カテゴリ まんが
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい

告白で、げっそりしてから、ちょっと避けてたのですが、湊かなえさんの文章すごく読みやすい。

単行本の表紙が、ほんとはこのみだったなー!

2017年5月28日

読書状況 読み終わった [2017年5月28日]
カテゴリ 小説
読書状況 読みたい

装丁がシンプルでとても素敵。
西の魔女が死んだは以前も読んだことありましたが、未読の短編がのっててうれしかった。どの話もじゆわり沁みる。
文庫版に乗ってる分も、あわせてはいっててほしかったなぁ。

アイ・ノウ、て言ってほしい。

2017年5月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年5月21日]
カテゴリ 小説

不思議な感覚の本だった。
大前提として、ここで語る人質たちは、亡くなっていて、でもその声は、いま、語られてるものであり、同時に、すでに亡くなっていてもうどこにもいない人たちの語りで、その場で面と向かって聞こえてくる言葉であって、機械を通して同時に、あるいは、ずいぶんあとに流れてきた言葉であって、感想を言葉にするのが難しい。
不思議な感覚にさせられた本だった。
また、どれもが淡々としてるから、なおさらだったのだと思う。

2017年5月20日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年5月20日]
カテゴリ 小説
ツイートする