ニッポンの文学 (講談社現代新書)

  • 218人登録
  • 3.60評価
    • (5)
    • (28)
    • (15)
    • (4)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 佐々木敦
kojirok1222さん  未設定  読み終わった 

「佐々木敦」という著者を知らなかったのだが、これまで「ニッポンの思想」、「ニッポンの音楽」の2冊を下記連ねてきて、本書は第三弾らしい。

80年代からの(純)文学の系譜を論じながら、その筆はエンタメ系であるはずのミステリーやSFを論じる時に最も熱を帯びる。

それぞれの作者や作品に対するコメントは簡にして要を得、かつ語彙が適切に選択されており、同感できるものが多い。

芥川賞がある限り「文学」は存在すると言いながら、「文学」と「小説」の融合を夢想する著者ではある。(ただ、文学はかつて小説、詩歌を含む上位概念であったような..)

レビュー投稿日
2016年7月24日
読了日
2016年7月24日
本棚登録日
2016年7月11日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ニッポンの文学 (講談社現代新書)』のレビューをもっとみる

『ニッポンの文学 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする