しんせかい

  • 505人登録
  • 2.58評価
    • (7)
    • (22)
    • (79)
    • (53)
    • (32)
  • 101レビュー
著者 : 山下澄人
kuritanuさん  未設定  読み終わった 

面白くないという人も多いけど、個人的には嫌いではない。
しかし、脚本ならいくら言葉が少なくてもセットや音響や照明や役者の演技で物語を深めることができるけど、これは。純文学は書かれていないところを読み取るのが重要だとわかってはいるけど、もうちょっと書き込んでもいいんじゃないかと思わずにはいられない。
これに比べれば『火花』なんか、同じ実体験ものではあるがかなりちゃんと書いてあったなあと思う。
かなりあちこち端折って書いてあるけど、当時の倉本聡のドラマの人気は相当なもので、ものすごい倍率を勝ち抜いて入塾できたわけだから、せめてオーディションの様子くらいは書いても良かったんじゃないか。
まあ、こういう作風なのだろうから、これほど世間に知られた場所での体験でなければこんな風には思わないのだから、適した材料で書けば、もっと魅力が際立つのかも。賞も売れるかどうかは大いに関係するから、この材料なら倉本ドラマを見ていた人は買うだろうという計算が働いたのではないか。
会話のテンポは面白いと思う。
しかし、大御所の作家って、こういうアカデミックな教育を受けずに書いた人の文章には弱いよね。批判できないというか。そこは、つまらないと思う。

レビュー投稿日
2017年9月3日
読了日
2017年9月3日
本棚登録日
2017年9月3日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『しんせかい』のレビューをもっとみる

『しんせかい』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『しんせかい』にkuritanuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする