虚構のER: 医療ミステリー 松葉紳一郎 医療ミステリー

  • 9人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松葉紳一郎
熱い編集者 小林真美さん 表紙デザイン、編集担当   読み終わった 

著者は現役医師。
大手出版社文芸賞の上位にノミネートされた経験をもつ。

大阪府下の救急病院を中心に繰り広げられるミステリー。
心臓疾患の救急治療では全国有数のこの病院に、毎日訪れる患者。
患者の中で気になる中年男性がいた。
嘔吐をきっかけに来院したが、若手医師が診察し、胃腸炎と診断して帰した。
翌日、その男性が胸痛で再受診。
心筋梗塞と診断され、心臓カテーテルチームが緊急招集された。
男性の病状は重く、心タンポナーゼとなった。

その男性の顔には見覚えがあった…

暴かれる過去。
不正医療行為の疑い……

患者は寝たきりになり、妻は病院を相手取った民事裁判に訴えた。
大阪地裁で証人尋問が開始される……
+++++++++++
文体は簡潔でとても読みやすい。
大手出版社文学賞の上位ノミネート経験を持つだけあり、作品の質はかなり高い。

レビュー投稿日
2014年4月9日
読了日
2014年4月14日
本棚登録日
2014年4月9日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『虚構のER: 医療ミステリー 松葉紳一郎...』のレビューをもっとみる

『虚構のER: 医療ミステリー 松葉紳一郎 医療ミステリー』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『虚構のER: 医療ミステリー 松葉紳一郎 医療ミステリー』に熱い編集者 小林真美さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする