和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館新書 498.3||OT

喫煙歴25年のお笑い芸人太田光氏と禁煙外来も開いている奥仲医師の対談。
もともと禁煙する気もなく、健康診断でも全く問題のない太田氏にとって奥仲医師のお話は全く意に介さず。
しかし、奥仲医師の喫煙による体への影響や怖さなどのお話は大変分かりやすく、為になります。
また、太田氏に対する禁煙への説得も頭ごなしにではなく、穏やかな雰囲気なので、楽しんで読むことができます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=54286

三葛館医学 498.3||NI

日本禁煙学会が発行した渾身の一冊。
「禁煙学」とは「喫煙および無煙タバコの使用、ニコチン依存症およびタバコ煙への曝露防止に取り組む」こと。
医学的解説をはじめ、あらゆる場所での禁煙法や喫煙をめぐる社会環境まで問題点を提起し、禁煙の指針となるように構成されています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=47503

三葛館医学 498.3||AB

禁煙をするにはさまざまがサポートが必要です。
ここでは禁煙力を高めるための第一歩から始まり、食事からも禁煙をサポートできるようなレシピが美しい写真とともに載せられています。
食のサポート力で背中を押してもらいましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57837

三葛館医学 498.3||TO

「この町きたないね!」そんな声から「この町をきれいにしよう!」その思いを強く抱いて、東京都千代田区生活環境課を中心に全庁一丸となって始めた「歩きたばこ等の禁止」の顛末記。
昼間人口85万人、夜間人口4万人の千代田区。
たばこポイ捨ての多い町で「路上喫煙に過料2000円」という少々過激な条例が施行されます。
ルールとマナーについての真摯な激論の記録となっています。
また、地方行政のあるべき姿も考えさせらせます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=42299

三葛館医学 498.3||NA

呼吸器内科医の著者が、長年の喫煙が原因の病で命を落としていく患者さんの姿をたくさん見るにつけ、若いうちからの禁煙を痛感し、執筆されています。
読後まだ喫煙を続ける人は「ロシアンルーレット」の強運を信じている人のようだそうですよ。
この本から禁煙を始め、肺をピンク色にしましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57971

三葛館医学 498.3||IN

受動喫煙という言葉が最近よく聞かれるようになりましたが、親の喫煙によって子どもたちがどれだけ健康を害しているか小児科医の視点に立って図版を交えながらわかりやすく解説しています。
タバコによる健康障害についてしっかりと書かれていて「よし禁煙しよう」というきっかけにしてほしい図書です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=38104

三葛館新書 498.3||MU

近年、禁煙活動が活発化し、あらゆる場所が全面禁煙になりつつある。
肩身の狭い思いをしている喫煙者のひとりである著者は、なぜここまでタバコが憎まれ、こんなに禁煙活動が盛んになったのかをさまざまな角度から検証している。
喫煙者側からの意見が新鮮で、納得させられる部分も多い。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=54537

三葛館医学 498.3||TA

「Youtube」で喫煙する小児の姿を見た時は驚きましたが、『禁煙外来の子どもたち』という題名にも衝撃を感じますよね。
著者は未成年喫煙外来の担当医。
衝撃の事例が掲載されていて、喫煙・禁煙といえば大人をイメージしていましたが、子どもの禁煙教育の重要性を改めて認識させられます。
喫煙する子どもたちを通して、大人が子どもたちにできることとは何かを探るのにオススメの一冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=36324

三葛館医学 498.3||TA

「禁煙外来の子どもたち」の続編。
前著が発行されてから2年。
子どもたちの禁煙への過程、成長、挫折の姿が描かれています。
教師への禁煙指導の会話の中から、生徒の喫煙状況を知った著者は子どもたちをとりまく環境が激変する中、「反省文」や「謹慎処分」などの苦しみをうけるのではなく、健康問題として治療をうける環境づくりを提唱しています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=38014

三葛館医学 498.3||KE

タバコの害についての記述は全くありません。禁煙したい人に役立つツールをまとめて紹介されています。
さまざまな禁煙方法から自分の喫煙習慣やタイプに合った方法を探すことができます。
また、禁煙成功者の体験談も紹介されていますので、とても参考になると思います。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=34966

三葛館医学 498.3||SO

著者は禁煙活動に取り組み、禁煙外来も行っている医師。禁煙は決して楽なことではなく、意志の力には限界がある。
それなら病院に行って、治療を行うのもひとつの方法ではないでしょうか。
本書では喫煙外来とは何か、どんな治療方法があるのかなど詳しく書かれています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=38224

三葛館医学 498.3||AD

1998年発行の少し古い本ですが、女性向けに書かれた本邦最初の禁煙図書です。
喫煙のきっかけや理由は男女によって異なると言われているようで、本書は女性に特化したプログラムを掲載しています。
体重コントロールやストレス対処法までとりあげられていてたばこをやめたい女性を応援してくれる一冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=38841

三葛館新書498.3||RI

かつて著者も喫煙者であり、過食にも悩んでいた。
しかし、見事に克服し、喫煙に成功。その自らの経験をもとに、禁断症状の乗り越え方や禁煙を持続するテクニックを伝授!
経験者の言葉だからこそ、説得力があります。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57838

三葛館医学 493.38||FU

「たばこ病」と呼ばれるくらい患者の9割が喫煙者である肺の生活習慣病COPD。
タバコを吸っているとこんな病気にもなりうるということを知っておきましょう。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=42871

三葛館一般 374.97||HI

格好の良さから喫煙に興味を持ちやすい子供たち。
タバコはいかに体に悪く、危険なものかをきちんと教えることがとても重要である。
本書は子供向けに書かれているので、とても分かりやすく、読みやすい。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=42684

三葛館一般 374.97||IN||2

子ども達にとって実はタバコは身近なところにあります。
タバコを吸うとどうなるの?という素朴な疑問に答え、小学生でも正しい知識が身に付くようにわかりやすく書かれています。
養護教諭を目指す人にも手に取っていただきたい絵本です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57841

三葛館医学 498.3||CA

この本で9割がたばこをやめられていることが事実ならすごい本だ。
私はたばこを吸わないので、あまり実感はないのだがなんとなくこの本を読み進めるにつれ、「なぜ自分はたばこを吸っているのだろう、吸う必要ないじゃん!」という気持ちになってくるのではないかと思った。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57858

三葛館医学 498.3||TA

禁煙治療の内容を分かりやすく解説し、チェックやクイズに答えるだけで禁煙達成のコツが身に着く実践的なドリルです。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=50098

三葛館医学 498.3||TA

ほんの少し簡単なコツを覚えるだけで効率よく禁煙支援ができるようになる!
喫煙者の心理を理解した上でうまく喫煙に導き、支援していくコツがわかりやすく書かれています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=32015

三葛館医学 498.3||HA

著者がこれまで行った500例の禁煙サポートをもとに書かれたもの。
臨床の現場で患者さんとのやりとりが具体的に書かれていて、シュミレーションしながら即現場でお役に立つ図書です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=40629

三葛館一般 589.8||AC

禁煙・喫煙の図書はよく見かけますが、これは「タバコ産業」の表裏を赤裸々にあらわした異色の本。
欧米のタバコ産業が隠していた“真実”が・・・。
“煙幕”が張られていた部分がつまびらかにされています。
これを読めばあなたも「禁煙」できるかも。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57836

三葛館医学 498.3||NA

禁煙のコツとノウハウを端的にわかりやすく、イラストをまじえてまとめられています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=50104

三葛館医学 498.3||TA

禁煙治療には薬物療法も大切ですが、カウンセリングも大変重要です。
患者さんへの言葉かけひとつが、禁煙成功へのカギになりうると思います。
本書は事例中心のマニュアル本になっていますので、手軽に習得でき、実践に活かしやすい内容です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=55215

三葛館医学 498.3||FU

「喫煙は趣味・嗜好ではなく、病気(依存症+全身病)であり、喫煙者は患者」。
喫煙者にとってはとてもショッキングな書き出しで始まります。
各科の医師による「喫煙と疾患の関係」を症例を交えて禁煙指導の実際が書かれており、禁煙を指導する方にも、禁煙を試みたい方にも双方にお勧めの専門図書です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57221

三葛館新書 498.3||IS

アメリカ、ヨーロッパの動向から見ると30年遅れていると言われている日本の喫煙規制対策(執筆時1999年)。
喫煙規制の世界の動向、子どもの喫煙をどう防ぐか、非喫煙者の権利の3つのテーマにそって書かれています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=44074

ツイートする