和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館新書 599||NA

フランスに渡り、欧米諸国を移り住みながら、結婚・出産を経験した著者。
子育てに対する考え方は各国さまざま。
母乳育児をベースに各国の出産・育児事情が書かれています。
日本とはちょっと違う、外国の女性の「母親事情」に興味はありませんか?

和医大図書館ではココ→ http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60234

三葛館一般 914.6||MU

家庭のプロと仕事のプロ。
共に日本の母、日本女性憧れのような存在感を示すお二人の対談集。
共通するのは筋の通った生き方をされてきたこと。
女子学生のみなさん、将来に向けての生き方のヒントが見つかるかもしれませんよ。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60295

三葛館新書 367.3||KA

なぜ母親が子育てしづらい社会になってしまったのか。
歴史を通して“日本の母親”について考えながら、問題点を探ります。
子育てで悩んでいる母親の心の負担を、少し軽くさせてくれるかもしれません。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=56795

三葛館一般 366.38||WA

編者の「ムギ畑」とは働き続けることをめざすWM(ワーキングマザー)とその予備軍のための会員制インターネットサイトのこと。
働くとはどういうことか、働く女性の悩みや働き続けるための生き方のヒントが満載。
仕事は女性の「セーフティネット」。
これから社会へ出ていく方にオススメの本です。
巻末にはWMのための子育て支援や公的機関から息抜きサイトまで、授業の下調べにも役立つ情報も掲載されています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60308

三葛館一般 367.2||OO

無私のやさしさと慈愛にみちた存在として描かれる「母親」ですが、実は「母親像は文化的に作り上げられたイメージ」と著者は言います。
メディアが流す母親像を無防備なままインプットされることにより「こうあるべきもの」と思い込み、息苦しさを感じ精神的に追い込まれる母親もあります。
「サザエさん」やテレビドラマにみる母親像を通して「母性愛神話」の描かれ方をさぐります。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=35439

三葛館一般 367.3||SA

「インナーマザー」あまり聞きなれない言葉ですが「内なる母」という意味。
「母」による影響というのは誰しもあるものですが、その影響により苦しむ人も多いはず。
「母」との関係が良い人もそうでない人にも、心の落とし所が見つかるかもしれません。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=32134

三葛館一般 598.2||NA

著者は本書を書くにあたって、多くの妊婦さんに話を聞き、産まれてくる赤ちゃんへの思いや出産への不安などさまざまな悩みがあることを知ります。
妊婦さんの思いを知るためにも、助産を学ぶみなさんにぜひ読んでほしい一冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=51058

598.3||MA

タレントの松本明子さんの妊娠・出産・子育てをまとめた一冊。
忙しく働く中での妊娠と育児。
不安や大変さが素直に綴られていて、タレントであってもひとりの女性なのだと親しみを感じます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=33146

三葛館医学 495.48||NO

アメリカで卵子提供を受け、50歳で出産した野田聖子氏と代理出産などを実施し、激しいバッシングを受けた根津八紘医師。
世間から非難を受けながらも、なぜこの選択に至ったのかを語っています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=59590

三葛館一般 367.2||KI

昭和を生き抜いた女性たちの働く姿のたくましさが迫ってきます。
人間として女として母としての生きざまが一枚一枚に込められている写真集。
パワーをもらえる一冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=42129

三葛館一般 367.2||BU

アメリカ人によるインド女性の生きざまを描いた本。
ダウリ(高額の花嫁持参金)やサティー(殉死)、パルダの風習、あるいは芸術、政治、女性運動に身を置く女性、日本人には想像できないような母の姿に衝撃を受けます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=31839

三葛館一般 392||TA

本来「母」となりうる女性が戦場へ行くということ。
この相反する行為に戸惑い、心を傷つけ、心を病む女性がいる。
戦争をするということはそういうことなのです。
母親兵士という切り口で戦争が家族や母性に与える影響の深刻さを語っています。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60296

三葛館闘病記コーナーWith T||493.38||小細胞肺癌

タレントからハワイアンキルト作家の第一人者へ転身し、家庭を築いて来られたキャシーさん。
愛娘が6%の生存率といわれる病に侵されます。
その闘病生活をつづった「母の無償の愛」を感じる一冊です。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57248

三葛館児童書・大型本 E||KO

発行以来30年以上も子どもたちに愛されてきた絵本。
ネコ・ライオン・サル・チンパンジー・コアラなど子どもをつれて歩くおかあさんの様子が、見る人の心をやさしい気持ちにしてくれます。

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=56762

ツイートする