和歌山県立医科大学図書館三葛館の本棚

三葛館一般 934||PA

日常の些細な出来事。「パンやさんの匂い」「ぷちぷちシートをつぶす」「自分の後ろに行列ができる」とってもとっても小さな出来事だけど、なんだかちょっぴり幸せを感じる。
みんなの小さな幸せに共感するうちに、自分の心もほんわか暖かくなっていることに気づきます。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63284

三葛館一般 451||TA

美しい写真と天気や季節にかかわる言葉が解説付きで紹介されています。
空にはいろんな表情があり、雲の一つ一つにも名前があることに改めて気付かされます。
空を眺めていると、なんだか心が落ち着きませんか?
ちょっと疲れたなと思ったときに、ぜひ手に取ってみてください。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=31956

三葛館With T||493.73||くも膜下出血

22歳で突然、脳内出血とくも膜下出血に襲われた著者。
意識不明の重体となり、生死をさまよいます。
左半身麻痺と右眼失明のハンディを負いましたが、命を取り留めました。
意識不明の昏睡状態のときの話や、闘病生活での思いなど、実際に体験した人でしか語ることができません。
患者さんの心理を知ることのできる貴重な一冊です。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63276

三葛館一般 451.64||TA

「万物生(ばんぶつしょう)」「天泣(てんきゅう)」「秋霖(しゅうりん)」「御降り(おさがり)」これらはすべて雨の名前です。この本には地方の方言も含め、422もの雨の名前が載っています。「雨」ひとつに春夏秋冬様々な名前のついている日本語。
今日の雨にはどういう名前があるのでしょうか。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63316

三葛館With T||493.76||アスペルガー

ほかの子とどこか違う、なかなか止むことのない激しい泣き叫び。
長い苦悩の末、自分の子どもが「アスペルガー症候群」であるということに行き着きます。
その事実を受け止め、特性や解決策を知ることで、日常生活の支障が軽減し、心の負担が軽くなります。
アスペルガーは人によって症状もその程度もさまざまですが、この障害を知るきっかけとしてオススメの一冊です。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=55015

三葛館一般 019.5||EH||1

柳田邦男氏が雑誌『看護管理』で連載している「おとなが読む絵本―ケアする人、ケアされる人のために」を書籍化したシリーズの1冊。
24のテーマにそって絵本が紹介されています。紹介されている絵本のほとんどは三葛館に所蔵がありますので、気になったものは是非手に取って見てください。
あなたの心に残る1冊に出会えるかもしれません。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=61131

三葛館新書 159||SC

日本でも人気のキャラクターのスヌーピー。
かわいい容姿とは裏腹に、ひねくれ者で哲学的思想を持った犬です。
どちらかというと風刺的な内容ですが、心の凝りをそっとほぐしてくれる本です。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63447

三葛館児童書 E||OT

文字のない絵本です。女の子の赤い傘以外は白黒で、わくわくやどきどき、心細さなど、文字はなくてもストーリーが十分伝わってきます。ぜひ手に取ってみてください。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63457

三葛館With T||493.74||パニック障害

タレントの大場久美子さんを突然襲ったパニック障害。
いつ襲ってくるか分からない発作への恐怖や人にその苦しさを理解してもらえないつらさ、そしてリストカットに至るまでをありのままに綴った、10年間の病との闘いの記録です。
命にかかわる病気ではないので、なかなかその苦しさを理解されるのは難しいのかもしれません。
本書はパニック障害がいかに大変な病気なのかを教えてくれます。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58372

三葛館一般 914.6||UC

著者自身が2003年~2006年に東北大学大学院在学中に始まった読売新聞宮城版に現在も連載中の「仙台だより」というエッセイ。
震災前の美しい仙台での日々がつづられ、震災後、震災前と変わらない「強い東北」が「美しく、穏やかでのどかな東北」を取り戻せるようにとの祈りが込められた1冊。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63283

三葛館一般 451.64||MI

最近よく耳にするゲリラ豪雨。
都市型集中豪雨がなぜ起こるのか、それを防ぐためにはどうすればいいのかなど、わかりやすく解説されています。
人間が自らの手で引き起こしている自然の脅威を感じます。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63313

三葛館一般 369.27||NH

「交通事故で一転、車椅子の生活となった若者」「初めてのわが子が障害者だった若き父親」「生まれつきの障害のため二十四時間介助が必要な女性」「車椅子の青年との結婚にためらう女性」など、この本には障害者、障害者とともに歩む人の体験談13編が収められています。
それぞれの境遇や障害の種類は違っても、それぞれが懸命に障害と向き合いながら生きている様子が綴られています。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63314

三葛館一般 371.4||NO

不登校の子どもをもつ親の会はあるのに、「非行」の子どもたちをもつ親は世間にはばかって周りに相談もできない。。。子どもの「非行」に悩む親たちが「悩みを共有する仲間がほしい」と発足した『「非行」と向き合う親たちの会』
会の発足、発展の様子から、会に参加する親たちの経験談を通し、親たちが一生懸命「非行」と向き合う様子、子どもたちの変化が描かれています。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=42520

三葛館一般 002||BA||18

爆笑問題が専門家のもとへ出向き、トークを繰り広げるテレビ番組「爆笑問題のニッポンの教養」を本にまとめたもの。
今回は気象学者の高藪緑氏をゲストに、気象や温暖化現象について議論しています。
爆笑問題の二人のやりとりや太田氏のいつもの斜に構えた見方や質問に思わず笑ってしまいます。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=53105

三葛館新書 210||MA

「文永の役」「桶狭間の戦い」・・・、きっと誰もが習ったことのあるあの出来事。気象予報士が歴史書から当時の天気を読み解く。教科書で習った歴史が事実とは異なっていた!?
気象に関する知識も分かりやすく解説しながら、歴史の事実に迫ります。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63315

三葛館With T||493.74||強迫性障害

著者自身も強迫性障害を発病し、その病に苦しんできた一人です。
本書には著者を含め、症状のタイプの違う8人の闘病の人生が記されています。
強迫性障害いう病がこれほど大変で、凄まじいものだとは思いませんでした。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=63408

三葛館With T||493.45||胃癌

胃癌に罹った医師自らが記した日記。再発後、日記に振り返りの文章を付し、さらに彼を支えた仲間の医師たちも当時の様子を振り返る。
医師として、客観的に病気を見つめながらも、残してゆく家族への痛切な思いが語られている。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=54742

三葛館新書 519.3||IS

酸性雨の被害現場で大きなショックを受けた筆者が、実際にアメリカ、北欧、西欧、東欧や南米、アジアまで約90カ国を訪れ、被害や、立ち向かう市民運動の活動を報告。日本でもいよいよ深刻な問題になってくる酸性雨への注意喚起をうったえる。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=28359

三葛館医学 498.41||KA

五季とは「春」「梅雨」「夏」「秋」「冬」のこと。昭和56~57年に産経新聞に連載された「健康カレンダー」を書籍化したものです。
季節と習慣や風習、健康について、見開き1ページ1テーマで書かれているので、とても読みやすく、ためになる1冊です。梅雨時期の過ごし方についてもヒントになるかも。

和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=24899

ツイートする